« ダイエット | トップページ | 高齢者の認知機能は筋トレで改善する »

メディカルチェック

うちの施設では、近くのスポーツ施設を利用している方々に希望があればメディカルチェックを行う仕組みがあります。最近、65歳以上の高齢者に対するメディカルチェックを25名ほど行いました。日頃からスポーツ施設で積極的に運動に取り組んでいる方々ばかりです。

ところが、メディカルチェックをやってみたらとんでもない結果が続々と出てきて驚きました。ひとりは、受診時の血圧が180/110mmHgで負荷試験自体を受けられませんでした。もちろん負荷試験そのものはこの血圧でも禁忌ではありませんが、運動前の血圧が高すぎればその時点で運動は禁忌です。「いつも運動後は低いんだ」と主張していたそうですが、運動前の血圧をまず下げる必要があります。運動中には必ず上昇するからです。その他にも、内臓脂肪量をみるために腹部CTを撮ったら異常に大きな動脈瘤が発見されたり、本人はまったく気づかないうちに心電図が心房細動になっていたり、運動負荷をしたら重篤な不整脈が頻発したりする人も・・・皆さん、毎日運動に励んでいる方々ばかりなのです。

高齢者の運動志向は今が旬です。自覚症状が何もなく、がんばって元気な人生を送るぞ!と思っているのかもしれませんが、思いのほか体内に大きな異常が潜んでいることがわかりました。知ってしまうことが良いことかどうかはわかりません(今回の結果でスポーツ施設が運動自体を許可しないかもしれません)が、やはり安心して運動に取り組むためにも、ぜひメディカルチェックを受けてほしいと思いました。

|
|

« ダイエット | トップページ | 高齢者の認知機能は筋トレで改善する »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダイエット | トップページ | 高齢者の認知機能は筋トレで改善する »