« 運動指導 | トップページ | 全勝優勝 »

糖負荷試験の誤解

糖負荷試験は、一定量の糖(=ブドウ糖)を飲んで、直後からの血糖(およびインスリン)の上昇する程度と時間経過を調べる検査で、これによって糖尿病の気があるかどうかが判定できます。日本の場合、昔は50gブドウ糖が使われていましたが、体格が大きくなったために現代は欧米と同じく75gブドウ糖が使われています。

人間ドックの場合、宿泊ドックでは75gブドウ糖負荷試験を行うのが一般的ですが、この負荷試験マニアの方がおられます。少しでも糖代謝異常が認められると糖尿病になるまで(なってからも)受け続けなければならないと思い込んでいるヒト、生活療法を頑張って改善してきたはずだから糖負荷試験をしてそれを確認してもらいたいと考えるヒト・・・どこかでだれかがそんな間違った入れ知恵をしたのでしょうか。

糖負荷試験は糖代謝異常の体質があるか、今糖代謝異常になりつつあるかを診断するための検査です。だから検査して自分が境界型糖尿病(糖代謝異常)や糖尿病パターンだとわかったらもう負荷試験をする必要はありません。糖尿病に準じた治療(食事・運動・タバコ・ストレス)を自分で始めればいいだけのことです。あとは食後の血糖やヘモグロビンA1c測定で十分です。日ごろの食事の取り方に注意して食後高血糖にならないように努力したら、負荷後1時間の血糖上昇が改善できるわけではありません。それは単に体質の有無を示すための負荷試験なのですから。がんばってるのに正常パターンにならないのはなぜ?とムダに悩むくらいなら、負荷試験自体を受けない方が身のためです。

ただし、若いときに正常パターンだった方は要注意です。正常パターン=今後糖尿病にならない、という意味ではありませんから。

|
|

« 運動指導 | トップページ | 全勝優勝 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 運動指導 | トップページ | 全勝優勝 »