« 箱と魂 | トップページ | 何か気分が悪い(後) »

何か気分が悪い(前)

2週間ほど前、わたしが産業医をしている某企業の職員さんが急逝しました。61歳でした。高血圧と脂質異常の治療をきちんと受けていた彼は、その日まで特段の不調を訴えることもなく、定期的にやっていた同期会(定年まで勤めた前の会社の同期が集まって毎月親睦宴会を開いていたそうです)に出席しました。いつものように楽しい宴を終えての帰り、電車から自宅の妻に電話をします。「何かちょっと気分が悪いから車で迎えに来てくれ」~自宅近くの駅に迎えに来た奥さんが彼を車に乗せ、5分ほどで着く自宅に到着したとき、彼の心臓は止まっていました。奥さんは救急車を呼ぶと同時にすぐに心肺蘇生を行いましたが、結局意識が戻ることはありませんでした。葬儀の会場では、その日の同期会の最後に皆で撮った記念写真の楽しげな彼の姿が遺影になっていたそうです。彼は、ちょうど1週間前にたまたまうちで定期健診を受けていました。とても良く管理されていました。異常な値や検査結果は見当たりませんでした。日ごろから快活な彼とは、何度かお話をしたことがありました。

おそらく彼は急性心筋梗塞になったのだろうと推測できます。心筋梗塞による心筋破裂、あるいは不整脈発作、これが急性心筋梗塞の急性期死因の大部分です。「何か気分が悪い」・・・これがなかなか厄介なのです。世間で思われているほど典型的な”胸の痛み”で心筋梗塞が起きるとは限りません。「何かがいつもと違うのだけれど、これはきっと今夜ちょっと飲み過ぎたせいだろう、わたしも歳をとったものだ」と自分に云って聞かせながら、「何とか早く家に帰って横になろう。きっと明日の朝にはこの気分の悪さは消えているはずだ」・・・そういう形で心筋梗塞を発症することは珍しくありません。

|
|

« 箱と魂 | トップページ | 何か気分が悪い(後) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

ジャイ先生


連日、お邪魔してすみません。


ワタクシ『ご進言』の使い方を間違っておりました。


今朝、気がついて…

「自分でゆーたらアカンやないかぁ!!!」


と、ツッコミ入れときました。


大変、失礼いたしました。


投稿: ぱみゅぱみゅ | 2012年6月30日 (土) 12時17分

ぱみゅさん

こっちに書いたら何のことか一瞬も三瞬もわからんかったじゃないですか。

尊敬すべきぱみゅさんに畏れ多くもご忠告いたしたんだからあれでいいんじゃないっすか?

投稿: ジャイ | 2012年6月30日 (土) 14時53分

うん…


じゃあもう


あれでいいや。。

投稿: ぱみゅぱみゅ | 2012年6月30日 (土) 21時51分

ぱみゅさん

ほい。

よろしくおねがいします。

投稿: ジャイ | 2012年7月 1日 (日) 07時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 箱と魂 | トップページ | 何か気分が悪い(後) »