« 原稿2 | トップページ | 「楽にしてください。」 »

妻へ

結婚24年めを迎えました。

長い間どうもありがとう。

あなたはわたしと結婚して幸せでしたか?
わたしと結婚したことが正しい選択だったのか、いつも気にしています。

24年間にはいろんなことがありました。
父の反対を押し切って挙げた結婚式。両家の親戚に祝福される形にはしてあげられませんでした。長い間、わたしの父も姉も話をしてくれず、大分の実家に行ったときには一人”針のむしろ”でしたね。「お父さんはわたしと目を合わせてくれない」とぼやきながら、それでもボクがすっかり忘れているような当時のお父さんの自慢話を今でも鮮明に覚えてくれていますね。不器用な親子が再びココロを開き合えるようになったのは、中にいつもあなたが居てくれたからだと感謝しています。今では、南大分のおばさんのようにわたしよりあなたの方を頼りにしている親戚ばかりになりました。

わたしの行動が理解できない、信用できない、と云いはじめて始まった家庭内別居は何年続きましたっけ?お父さんが亡くなったときにもそれは続いていましたよね。食事のとき以外は顔を合わせなかったあの時期、本当に辛かったけれど、きっとあなたはそれ以上に苦しんだことでしょう。2回の流産のあと、東京に居たときから続けていた不妊治療をやめました。一番辛かった時期。将来の子どもたちのためにと作った子ども部屋は主の居ないまま仮住まいのわたしの道具でいっぱいになってしまいました。「将来が不安」・・・それがわたしたち夫婦が再び寄り添い始めた理由でしたね。”おかあさん”になる夢を叶えてあげられずにごめんなさいね。

お互いにこれからは不安なことばかりですが、どうかこれからもよろしくお願いします。

|

« 原稿2 | トップページ | 「楽にしてください。」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ジャイ先生

おはようございます。

本日のブログ、同性として万感の至りです。
でも・・・何となく面と向って言えないですよね。

実は私も、ここ1年、「妻に頭が上がらない」思いをしています。
丁度1年前、私の愚息(40)が、震災処理多忙で脳動脈瘤破裂で倒れ、
運良く一命を取り留める事が出来ました。
幸い、東北で1番の「神の手を持つ男」と言われた脳外科の先生に執刀をお願いし、
状況から診て「1万人に1人位」の確率で助けて頂きました。
しかし「良くて植物人間」と言われましたが、弊社製品「健康1番」の使用により、
もう少しで社会復帰(仙台市建築課職員)が見通せる迄に回復して来ました。

脳死状態から始まり、本格意識回復まで約2ヶ月、その後は徐々に回復基調ですが、
今でもオシメ生活から完全には抜け出せない状況です。
その愚息の世話を64になる妻が全て賄ってくれています。

私はモーレツ商社マンの仕事一辺倒(必然的に)で、
子育てには全く手出しは致しませんでした。
今でも、オムツ交換1つ出来ません。

まるで、40歳の脳死状態の我が子に、生まれたばかりの赤子の世話をする様に・・・
しかも丸一年に渡り・・・本当に頭が下がります。

女とは、母親とは、本当に凄い者です。
頭が下がります、と言いますか、頭が上がりません。


ジャイ先生、今からでも遅くありません!
不妊の原因は判りませんが、根本的な機能に欠陥が無い様でしたなら、「健康1番」のお風呂に入浴し、再チャレンジ致しませんか?
向日1年を目途に、可能性にチャレンジして下さい!

高齢化時代、マダマダ先があります!
女性機能回復、男性機能回復に活気的に成果を発揮しています。

弊社製品のコマーシャルではありません。

ブログを拝読し、感涙の至りです。

                      asuka3h 拝

投稿: asuka3h | 2012年6月 4日 (月) 09時28分

うちもやってましたよ。。
家庭内別居。。

あれを乗り越えたから
…今があります。

投げ出さなくてよかったです。

夫婦にコクと深みがでました。

あと、弱みを握って優位に立てました。


こんな熱烈なラブレターをもらえるなんて…

奥様、幸せです。

いいなー

うちの夫…
こんなに長い文章よう書かん。。


この前もらったカード


『これからも明るくて楽しい
ぱみゅちゃんでいてください』


小学生かっ!!

昨日、彼が若い頃住んでいた街に初めて連れて行ってもらいました。

私と知り合う前に住んでいた街。

なつかしい話を聞かせてもらいながら

あと、どれくらいこの人と一緒にいられるんだろう…と思ったら

ちょっと切なくなりました。

今日は優しく「おかえりなさい」って言ってあげようかな〜

たぶん…怖がるな

何がバレたんだ!?って


ふふっ

投稿: ぱみゅぱみゅ | 2012年6月 4日 (月) 18時48分

asuka様


大変な思いをなさっていらっしゃったんですね。

これまでの失礼をお詫びいたします。

素晴らしい奥様ですね。

私も

asukaさんの奥様のように
強く、そして優しい母になりたいです。


それにしても、今日の男性陣

とても素敵です。

ぜひ奥様方にゆーてあげて下さい。


女性はお花なので、愛情を注いでもらうと、美しく咲き続けます。

投稿: ぱみゅぱみゅ | 2012年6月 4日 (月) 21時53分

asuka3hさん

息子さん大変でしたね。でもまだまだ今世ですべきことがある人は必ず復活します。そういう意味ではお母さんの存在は必然、定めですね。とにかく母は強し!です。ますますの回復を祈ります。

ご提言ありがとうございます。とても嬉しく思いますが、すでにほとんどそういう時期を終わろうとしています。私たちのこれからの人生設計に夫婦以外のものはありません。かえっていろんな意味で将来が不安になるから(笑)

投稿: ジャイ | 2012年6月 4日 (月) 21時57分

ぱみゅさん

いつものようにバラとヒヤシンス(いつもはユリでしたが)の花束を買って仕事を早引けして帰ったのに、あやつ帰ってきません。なんと頼まれて仕事を明日と交代していました。
ま、でも、お花を買ってかえると必ず「ありがとう」とニコニコするから好きです。

投稿: ジャイ | 2012年6月 4日 (月) 22時04分

ぱみゅぱみゅ さん
ジャイ先生

お見舞い、励ましの言葉誠に有難うございました。
厚く御礼申し上げます。

今後とも何分宜しくのご指導、ご鞭撻賜れます様、
重ねて御礼申し上げます。


両親の葬式を出し、クソ~、息子の葬式まで出さなきゃならんとは・・・と、
一旦は覚悟を決めました。

CTやMRIのデーターを見ながら、「これでもやりますか?」との問いかけに、
「親としてやれる事はやってあげたいので、何とかお願いいたします」
「判りました、ベストは尽くします」。
人脈とはありがたいもので、東北大学医学部の総力を挙げて助けて頂きました。

本当に人脈とはありがたいものです。

皆様方ともこの様なるお付合いを賜れます様、お願い申し上げます。

               青春ど真ん中 asuka3h 拝

投稿: asuka3h | 2012年6月 5日 (火) 09時08分

こんにちは。

あんなに無口でニコニコ笑っておられる先生の秘めたる熱い想い、十分伝わりました。

夫婦って色々ありますよ。
暗黒時代の無い夫婦っているのでしょうか?
ただね、忘れてはいないんですよ。忘れたふりをすることでなんとなく生活しやすさみたいなものを学習したのですよ。
今は、もう残り少なくなった人生、お互いの健康を心配するという愛情で支え合って生きて行くことを目標にしております。
いつも先生が書かれておられる事は、息子の居る私にはとても勉強になります。
先生だけじゃなく、どこの家でも『息子の嫁』ってなかなか気に入られませんよ。だから、私は先生のおかげで、その時がきても決して反対しない!と心に決めています。
それが家族の幸せだからです。

お二人にはベル嬢とセイラ姫という家族もいます。
先生、深酒はおやめくださいね。あははは

遅れましたが、ご結婚記念日おめでとうございます。

投稿: kanako | 2012年6月 6日 (水) 12時52分

kanakoさん

ありがとうございます。
はずかしいので通り過ぎた記事にはあまり深く触れないでおくんなまし(笑)

投稿: ジャイ | 2012年6月 7日 (木) 00時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 原稿2 | トップページ | 「楽にしてください。」 »