« ファクス | トップページ | 心電図は要らない? »

泉重千代さん

「先生はお酒を飲みますか?」・・・ある男性受診者から先日そう質問されました。

「飲みますよ」

「実はわたしは毎晩晩酌をするのですが、最近、妻や母親が『健康のために休肝日を作れ』って云うんですよ。やっぱり飲まない日を作った方がいいんですか?」

「どうでしょうね。そりゃ飲まないで済むなら飲まない方がいいのでしょうし、最近わたしも飲まない日を作ってみてますけど、別に飲まないなら飲まないでも何も困らないなと思うようになりましたよ。でも・・・結局、量次第ではないですか?毎晩、どれくらい飲むのですか?」

「缶ビール350cc1本か、あるいは薄ーくした焼酎を2杯くらいです。わたしは仕事から帰ってから飲む酒が楽しみで、今なら8時ころから10時ころまでまったりとオリンピックでも見ながら飲むのが好きなんですよね。」

「2時間かけてそれだけ? それ、飲んでいるうちに入らないんじゃないですか?」・・・最後にそう答えた、ということを家に帰って妻にこっそり話したら叱られました。「その人はあなたに相談したのが間違いだったんだよ。量じゃなくてね、肝臓を完全に休ませる日があるのが大事なんだから、保健師さんに話したら『休肝日を作れ!』って絶対云ってくれるのに」・・・だそうな。

だって、「長寿の秘訣は、毎日欠かさず飲むお酒」って、たしか泉重千代さんが云ってただろうが~! わしの飲み方はアル中かもしれないけれど、彼の場合は明らかな癒しだと確信するよ。

|
|

« ファクス | トップページ | 心電図は要らない? »

心と体」カテゴリの記事

コメント

残暑御見舞い申し上げます。

前にもコメントさせて頂いたと思いますが、
昔から(いつの時代?)から云われています通り
酒は「百薬の長」でございまして!

でも、量とか休肝には触れてありません。
マア、日本人的に「適当に!」と言ったところだと思います。

「適当」とは難しい表現でして、「適切」なのか「いい加減」なのか・・・都合の良い方に解釈しなさいと言った日本人らしい「寛容の精神?」なのでしょうね。

しかし・・・350ml缶、2時間も掛けてたのでは炭酸も抜けるし、温くなるし、アルコールは消化されるし・・・真似出来ないですね。

                   酒の旨味が解らない asuka3h 拝

投稿: asuka3h | 2012年8月 9日 (木) 08時56分

asuka3hさん

ですよね。これで「酒飲んでる」と言われるのは罪の意識が強すぎます。

「ほろ酔い気分になる手前」が”適量”と定義されたのはつい最近だと思います。それくらい、日本人には”節度”という確固たる物差しがあったのではないかと思います。

投稿: ジャイ | 2012年8月10日 (金) 04時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ファクス | トップページ | 心電図は要らない? »