« とにかく作る | トップページ | お盆に帰ってくるもの »

食後高血圧

食後高血圧:見過ごしがちな動脈硬化マーカー

CareNet.comに掲載されていたこの話題。愛媛大の上谷英里氏らが報告したものですが、聞きなれない「食後高血圧」のことばに目が止まりました。食後高血糖や食後高脂血症と同様に食後高血圧が動脈硬化の指標になるのだそうです。

食後高血圧になるヒト(10mmHg以上上昇)と食後低血圧になるヒト(20mmHg以上低下)が各々10%弱みられ、どちらの場合も動脈硬化が高率に認められたそうですが、血圧の変動は食前の収縮期血圧値が高いほど大きくなるので、食前血圧で補正すると食後低血圧になるヒトの動脈硬化との関連はなくなりました。ということで、結局、食後高血圧が動脈硬化の独立した指標となる、と結論付けられています。

高血圧治療中の我が身としては聞き捨てなりませんが、さて、どうしろというのでしょう?起床時の血圧測定と同じように、時には食事をした後にも血圧を測ってみるのが、隠れた動脈硬化危険因子保有者を探し出すのに有効だ、という「ことだけなのでしょうか。食後高血糖になるヒトは高血糖にならない食べ方のコツを伝授できますけど、食後高血圧になるヒトはどうやったらそうならないようになるのか・・・前もって薬剤治療をするわけにもいかず、減塩するとよくなるとでもいうのでしょうか? もうちょっとそこのところに言及してほしいなと思った次第です。・・・あ、そうか。食後すぐに運動すると危ない、ということか!

|
|

« とにかく作る | トップページ | お盆に帰ってくるもの »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« とにかく作る | トップページ | お盆に帰ってくるもの »