« 最後は保健指導の力(後) | トップページ | ソーシャルキャピタル »

プレアルコホリズム

今月初めに東京で開催された第53回日本人間ドック学会に行ってきました。

特別企画「一無・二少・三多」の6つの健康習慣(無煙・少食・少酒・多動・多休・多接)の講演を聴くことにしましたが、仕事の都合ですべての講演を聴講することはできませんでした。

『少酒』の項目から、「飲酒量を減らす指導テクニック」というタイトルで久里浜医療センターの樋口進先生のレクチャーがありました。アルコール依存治療をされている先生らしい淡々とした口調がその生真面目さを物語っていました。アルコール依存者はウソをつく。「酒はやめた」とか「あまり飲んでない」とか。でもそれは”アルコール依存”という病気がさせていることであって決して本人の性格ではない。本当のことを云ったら酒をやめなければならなくなるから、本人は「やめたい」と思っているのに、脳に棲みついたアルコール依存という化け物がウソをつかせているのだ、という話を聞きながら、わたしは「なるほど。『エクソシスト』みたいなもんやな」とつぶやきながらメモしました。エクソシスト、エクソシスト・・・酒だけではなく、生活習慣病のすべてがエクソシストのなせる業(わざ)・・・こりゃまたわたしの語録が増えましたな♪

自称プレアルコホリストのわたしはつぶやきます。「まず食事から」とアドバイスしたら、「いやわたしは食べる前に飲むタイプだから」「わたしの酒は●●だから」「わたしは△△するタイプだから、ダメ」と云われて、「そんなこと云ってたら酒なんて止められませんよ!」と切れてしまうみなさん、どうか理解してやってください。それは当たり前なんです。飲みたいんですから。それがアルコホリズムなんですから・・・。日記書き、目標つくりなど<飲酒量を減らす方法>が示されましたが、やはり理屈でやる減酒はわたしは好きになれません。アルコール依存の方はやむをえませんが、プレアルコホリズムであれば、実感として楽しい酒呑みになれる方法が必ずあると思うのです。

それにしてもあの口調からして、樋口先生はあまりお酒を飲まれない人なのか。あれで「実はわたしはひどいアル中でした」なんてオチだったら面白いんだけどなあ。

アルコールトラブルでお悩みの方は久里浜医療センター(久里浜アルコール症センター)のHPもご参照ください。

|
|

« 最後は保健指導の力(後) | トップページ | ソーシャルキャピタル »

心と体」カテゴリの記事

コメント


エクソシスト


リンダ・ブレア

うわ…

今晩、夢にでてくるな…

三浦春馬…

でてきてくれんかなー


投稿: ぱみゅぱみゅ | 2012年9月 9日 (日) 12時46分

ぱみゅさん

エクソシストはオーメンよりインパクトが強く、昔二段ベッドの上段に寝ていた私は、ベッドのカーテンを開けるのが怖かったです。

あ、大学のときに私、舞台上で首を360℃回すヤツやりました。あれ、意外に簡単(笑)

投稿: ジャイ | 2012年9月 9日 (日) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最後は保健指導の力(後) | トップページ | ソーシャルキャピタル »