« レプチンつづき | トップページ | 肥る理由 »

アディポネクチンを増やす。

どうせまとめてスライドを作ることになるのだから、ここに書き写しておきましょう。

『痩せりゃいい、ってもんじゃない!~脂肪の科学』(森永卓郎・柴田玲著、文芸新書)

●アディポネクチンを増やす食材

  ・大豆タンパク:豆腐・納豆
  ・食物繊維:穀類(玄米・全粒のパン・全粒のパスタ                           
            ※白米や白パンは逆効果
  ・EPA:青魚
  ・マグネシウム+食物繊維=海藻(特にひじき)
  ・低脂肪食、木の実、でんぷん質食、杜仲茶・ウーロン茶
  ・オスモチン(アディポネクチンに似た構造でアディポネクチン類似の作用をする
           植物タンパク):
           りんご、さくらんぼ、キウイ、とうもろこし、トマト、ピーマンなど

このリストを見ていると、全部わたしの好きなモノばかり。わたしってアディポネクチンだらけじゃない?と自己満足しそうです。逆の目でみると、食べなくてすむならできるだけ見たくないというか、わざわざこんなの食べなくても他においしいモノがあるのだからこれで腹が満たされるともったいない、とメタボ腹な森永さんみたいなタイプが絶対ぼやきそうなラインナップです。

ただし、日本人はホントにマジメな人種だからしっかり忠告しておく必要があります。「これがいい!」というリストを並べると、こればかりを食べて、結局量が多すぎたりただの偏食になったりする輩が必ず出てきますから。

|
|

« レプチンつづき | トップページ | 肥る理由 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レプチンつづき | トップページ | 肥る理由 »