« 目が怖い | トップページ | わんわん »

やることvsやらないこと

最近ココロもカラダもユルユルな生活を送っているわたしなのであまり説得力がないかもしれませんが・・・。

ダイエットの基本は食事と運動、云わずと知れたこと。最近は、老若男女を問わず皆が黙々と運動に取り組んでいます。公園は朝も夕方も散歩者とジョガーだらけです。減食だけでは筋肉がなくなって基礎代謝が低下するから、アンチエイジングは筋肉からだから・・・わたしもここにいろんなことを書いてきました。

でも、突き詰めると、やっぱり成功するダイエットの主体は食事療法ですよね、と思います。何を食べるといいかということではなくて単純に「食べないこと」です。いや、運動が要らないとか運動は二の次とかいうことではありません。こっちの方が単純に簡単だから。「運動を頑張ってやせた」というひとはたくさんいます。わたしもそうでした。ただ、続けない限りダイエットは継続できません。もちろん、食べないことも続けないといけないのですが、たぶん、「~し続けること」よりも「~しないこと」の方が少し楽なのではないかと思うのです。もともと運動欲のないのが人間。それをずっとし続けなければならないことを考えたら、時々タガが緩んでも反省して食べなければ解決できる「食事療法」の方が絶対楽だと思います。

ということで、「食べない」努力、ちょっと再挑戦してみます。

|
|

« 目が怖い | トップページ | わんわん »

心と体」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

「ギックリ腰」との事、オミマイ申し上げます。
と、言いますか、同病相憐れむ・・・。
でも・・・もう20年以上はお付き合いしておりません。

予防方法は・・・そのうち機会を見まして。

本日のテーマですが、私も・・・かれこれ25年も「食事ダイエット」と、付き合っています。

41歳の時に同級生の生保営業マンに「42歳から保険料の格が変わるので、今のうちに・・・」と付き合い半分で勧められ、OKしました。

処が、保険検診でアウト。
最低血圧がナンと基準オーバー。
今迄の検診でも全く指摘なしで、オロオロ。
知り合いの医者に相談した処、「そんなの気にする事ネ~」
でも、そのままでは保険料が5割り増しの限定つき。

結局、その医者(故人)に検診書を捏造して頂き、保険はOK(時効成立)。
でも、根源論解決にはならないので、件の医者に問うと、
体格の割りに筋肉が付いているので、血管を圧迫し、血圧が上がっている。
筋肉量を減らせば正常になる。
筋肉量を減らすのには「減食」以外に長期対策は無し!
と言う訳で、翌日より食事量を半減化。

もう、その翌日よりはパワー不足でヘロヘロ、ヨレヨレ。
でも、3ヶ月、半年経っても変化なし。
成果が出て来たのは数年経過後。

飢餓に強い倭人。
量は食べられない体となってしまいましたが、
外観的な体型、衣服類は変わらず。

アレから25年以上経ってしまいました。

投稿: asuka3h | 2012年10月 3日 (水) 09時22分

asuka3h先生は、鑑のようなお方。もったいないから半分作れ、と叫び、ずっと実践してまいりましたが、その事自体に飽きてしまって、何となくダラダラ食うようになりました。惰性の人生もまたよし!なのですが、まいちどがんばってみます。出張が終わってから(汗)。あ、いや、 連休明けてから(笑)

投稿: ジャイ | 2012年10月 3日 (水) 17時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 目が怖い | トップページ | わんわん »