« 低炭水化物ダイエット論争 | トップページ | 今日は・・・ »

手書き

最近、キーボード入力かスマホ入力かを駆使しながら、何をするにも「清書は活字で!」が最低限の常識ですが、むかしは「せめて清書は手書きでする」が礼儀でした。今それが残っているのは、「遺言書」くらいでしょうか(遺言は自筆手書きであることが必須条件です)。そういえば、ワープロで下書きして、清書は手書きで、が当たり前だった時期もあります。

わたしの博士号論文はパブリッシュされた論文そのものでしたが、名門大学ではそれと別に手書きの論文を要求するところもあります。以前は大学の卒業論文も手書き・・・同じ下宿の隣りの部屋に住む教育学部の先輩は、何度も何度も書き直していました。なにしろ、原稿用紙の最初の方で間違ったらまだあきらめもつきますが、最終行近くで書き損じたときにはため息しか出ません。それは時間の浪費だ!といえますが、一字一字にきちんと気持ちを込めて書くことの意義は、きっとそれ以上のものだったと思っています。

そうそう。演劇の脚本作り・・・公演する脚本が決まったら、皆で手分けして原紙に書いてガリ版(謄写版)刷りしていました。部室に広がるインクの匂い・・・なつかしい。

「手書き」は、単なる脳トレ、ボケ防止がその存在価値ではありません。字を書く、ということ。人間にしか与えられていないその特権を、勝手に放棄しようとしている現実。わたしも、間違いの訂正や段落組みの全体像確認にはワープロの方が便利だとつくづく思いますが、それでもキレイに手書きのメモをしたり文字を書いたりすることの醍醐味は忘れないようにしたいと思っております。

|

« 低炭水化物ダイエット論争 | トップページ | 今日は・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 低炭水化物ダイエット論争 | トップページ | 今日は・・・ »