« 空腹 | トップページ | 続・メガネ »

メガネ

最近のメガネはとってもオシャレで存在感がありますよね。老若男女を問わずカッコよく楽しんでいる感じで、かく云うわたしも今年になってウルトラマンみたいな銀色フレームの遠近両用メガネを作りました。

むかしはどちらかというと存在感を消す細いメガネフレームが主流でしたが、最近は太いフレームがメインのようで、人間ドック受診者の皆さんも、そんなメガネのひとがたくさん来られます。それを見ながら痛感するのは、「メガネはひとの表情をまったく違うものに変える」ということ。大きく太いメガネの奥にすごく厳しい表情や無表情の目が見えると、「何か悪いことでもしたかな」と診察しながらついオドオドしてしまうわたし。でも最後に、「それではメガネを外してください」と云って、その仮面をはぎ取ったとき、ホッとするのです。なぜなら、メガネの向こう側に現れる本当の目は、みんながみんなとても優しくて、すごく温和な表情に変わるからです。

これがオシャレなのかもしれないけれど、本当の顔の方がとても魅力的だなと感じることが多い、というのがわたしの印象です。とてもやり手のオフィスレディやアタマのキレるインテリを装うのもわかりますが・・・でも、わたしは生のままの顔の方が全然素敵だと思います。

|

« 空腹 | トップページ | 続・メガネ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 空腹 | トップページ | 続・メガネ »