« おのろけ | トップページ | 心の張り »

日の出

日曜日に久しぶりに朝風呂に入りました。前夜の忘年会で痛飲して酔っ払い過ぎたので風呂に入れなかったのです。

朝の6時半頃。冬至目前の九州ではまだ夜明け前です。風呂の窓越しに真っ暗な空をぼーっと眺めながら湯船に浸かっていました。まだ少しだけ酒が残った感じ。静かに目を閉じ、前夜の楽しかった宴のことや師走の日曜に行う予定のあれやこれやを思索したあと、ふと目を開けたら辺りはすっかり明るくなっていて、ギョッとしました。目をつぶる前と目を開けた後と、目の前の風景が一変していたからです。

日の出、日の入りは、理論的にはフェイドイン、フェイドアウトですが、実際には、ヌルッと明るくなって、ヌルッと暗くなります。その変化は決して直線的ではないことを、このときに再認識しました。人生の転機も同じように、フェイドイン、フェイドアウトではなくて、いつでもヌルッと暗転、ヌルッと明転・・・呑気に構えていては付いていけなくなることは、人生には少なくありません。

油断禁物です。

|

« おのろけ | トップページ | 心の張り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おのろけ | トップページ | 心の張り »