« 温泉医学と自然治癒力 | トップページ | 「腎臓が悪い」と突然言われたあなたへ »

寄生虫とアレルギー

『そもそも、すべてが「体質」のせいなのか』(大塚吉則著、Medical Tribune)には、冒頭の章に、「寄生虫とアレルギー」の話が載っていました。寄生虫を徹底的に駆除した結果としてアトピーや強いアレルギー疾患が急増した、という話。

”変わり者”のわたしは、もうかなり前からこの話は知っています。その通りだろうなと思って生活を注意して生きてきました。外敵からカラダを守るために備わっているのが「免疫システム」ですが、現代はそれが過剰反応をして本来は敵でもなんでもないものを敵と判断してしまっている。その原因が過剰なまでの除菌と清潔教育である、というわけです。理解できているでしょうか? そう遠くないむかし、寄生虫と普通に共存していたころ、体内にいる寄生虫のために大量の抗体ができていました。この寄生虫に特異的なその抗体によって大きな病気になることもなく寄生虫と共存していたわけですが、いつも大量の抗体を持っていたがために他の物質に対する抗体を作る余裕がなかった。だからむかしは必要もなく免疫反応を起こすこともなく、アレルギーやアトピーがほとんどなかった。ところが寄生虫が完全排除され、それ以外の腸内常在菌もことごとく駆除された結果、仕事がなくて力を持て余している免疫システムが、暴走してだれかれ構わず攻撃し始めている・・と、そういう話です。

清潔すぎることが人間を亡ぼすというのは、わたしがずっと抱いている大きな懸念です。

|
|

« 温泉医学と自然治癒力 | トップページ | 「腎臓が悪い」と突然言われたあなたへ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

ジャイ先生

御意にございます。

何か・・・私の言いたい事がパクられているようです。

先般も私の書いた論文が勝手にパクられ、中国語に翻訳?され中国医学界に発表されていた! そうです。
コチトラ中国語が読めないので文句も言えません。

パクり民族には困った物ですが、
百数十年前の我国もその様な批判を受けていたのでしょうね。

                    asuka3h 拝

投稿: asuka3h | 2013年1月 8日 (火) 17時56分

asuka3hさん

この話は、昔から云われていますよね。思っていた人はさらにたくさんいて、小ばかにする学会の”常識人”たちに立ち向かいながら、主張をつづける人たち。

いやあ、私こそが自他ともに認める”超常識人”だったはずなのに・・・・(笑)

パクりも大切。パクりもパクられも、それが世のため人のためになるものであれば、よろしかろう。ちょっと、他人事ですけど(笑)

投稿: ジャイ | 2013年1月 8日 (火) 20時13分

 同感です。子供の頃毎年キャンプに行った裏磐梯では虫だの焚き火の灰だのが入った御飯を美味しくいただいてました(笑)。
 ちなみに私はホメオパシー・ジャパンの由井先生に共感してまして「予防接種には賛成しかねる」派です(笑)。その根拠は「前橋レポート」です。インフルエンザなんぞ自分の力で治しゃいいんですよ。
 ですが医療系の商売なんぞしてますと、「あなたが予防接種をしないで患者さんに感染したら誰が責任を取るの!」と怖い○護師さん達の口撃を捌くのに四苦八苦してます(笑)。私には「患者さんを気遣う」と言うより「訴えられたときの保身」か「異物を排除する」ための口撃にしか聞えません。
「知るが! 普段から口養生してれば、そだもんこわぐねえべ!」
 と、鼻息をあらくしつつも、現在日本で高齢者の免疫力が落ちてるのはある意味事実ですから困ったもんです(笑)。


投稿: コン | 2013年1月 8日 (火) 22時32分

コンさん

私たちは職業柄予防接種はしますけれど、うちの妻はインフルの予防接種はしません。予防接種で激しいアレルギーを起こすからです。勤務先の院長に抗アレルギー剤を内服しながら注射したら?と本末転倒なことを云われながら、固辞しています。小児科クリニックに勤めていながら、彼女は5年以上インフルには罹患していません。

ちなみに(大きな声ではいえませんが)、我が家のワンたちも予防接種は受けません。ウイルス曝露のない室内犬にわざわざ病気の元を打ち込んだらカラダが弱る、という理屈から。

投稿: ジャイ | 2013年1月 9日 (水) 06時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 温泉医学と自然治癒力 | トップページ | 「腎臓が悪い」と突然言われたあなたへ »