« 首の診察 | トップページ | 業績好調のJT? »

「ブレゼンが下手な人ほど練習を怠る」

Facebookで定期購読している精神科医 樺沢紫苑先生の昨日配信された記事です。

若手ドクターの学会発表で上手い人と下手な人の違い=ブレゼンが下手な人ほど練習を怠る、なのだそうです。<発表が下手な人に原稿を何回読んだかと聞くと、「1回しか読んでない」というのです。あるいは、「声に出して一度も読んでいない」という人もいた>という。なぜそうなるかというと、直前まで原稿を書き直したり、スライドを直したりしているから・・・つまり、<ファイナルの原稿が完成しないので、それを読む練習もできない>のだそうです。

話が下手な人は話す練習をせず、話が上手い人は練習を怠らない・・・意外でもあり当然でもある真実。<「話し方」が上手とか、下手とかそういう技術的なものは、「練習」によって簡単に補うことができるのですが、下手な人ほど基本的な「練習」を怠ってしまうのは、残念な話です>と総括された樺沢先生の今回の記事はわたしにもちょっと気になる内容でした。最近、わたしもギリギリまでスライドの作り直しばかりして練習を怠っている気がするからです。今日の夜にある健康講座のスライドを昨夜作り直しましたが練習はまだやっていません。昔と違って、ギリギリまで修正できる(昔はスライドは現像しないといけないので頑張っても仕上げは本番の2日前くらいが限界でした)のがいけないんだ!とも思いますが、きっと云いたいことがきちんと定まっていないのが悪の根源なのだ、と分かっています。

|
|

« 首の診察 | トップページ | 業績好調のJT? »

心と体」カテゴリの記事

コメント

偶然にも本日の別の先生(営業関係)の配信メルマガに次の通りの内容がが掲載されておりました。


■商売心理学!夢を叶えるビジネス心理学スキル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『役者の練習』


以前、うちのカミサンが会場で私の講演を聴いていたときのこと。
講演中にふとカミサンの顔を見るとものすごくコワイ顔をしている。
眉間にシワを寄せて、身体が前のめりになってこちらをにらんでいる・・・。


「あらら・・・今日のオレの講演のデキは悪いのか!?」
と心配になった。


休憩時間にカミサンがオレの所にやってきてコワイ顔でこう言った。
「すごくイイ!!」


オレはびっくりした。
「え~っ!!」


実はカミサンは真剣になるとコワイ顔になる。
相手の話しを集中して聴こうとすると顔が真剣になり眼光するどく、
そして眉間にシワがより、身体が前に出てくる。だから、パッと見ると
怒ってこちらに向かってくるようにも見える。
本人は怒っているのではなくたんに真剣なのだが、外見が伝える
メッセージはそれとは異なって伝わる場合がある。


そうなんだ。
人は表情や身体から発するメッセージの方が言葉よりも相手に伝わるのだ。


たとえば隣にいる女性に向かって、あなたは鼻の穴に指をつっこんで
鼻くそをほじりながらボソっとこう言って欲しい。
「○○さんって美人だよね」


さて、隣の女性には何がメッセージとして伝わるだろう?
あなたの伝えた「美人だよね」という言葉だろうか?それとも
あなたの態度が発するメッセージだろうか?


また、あなたが誰かに諭された時に相手の顔ではなく窓の外を見ながら
「は~い。わかりました。今後気をつけま~す。」
と言ったら、相手には何が伝わるだろう?


人は言葉と外見(表情や身振り)が異なるメッセージを発している場合、
主に外見から伝わるメッセージを信じる。そして、やっかいなことに
言葉は「意識」をして発信することが多いのだけれど、表情や動作は
「無意識」に出てしまうのだ。
だから、言葉とは異なるメッセージが相手に伝わることがある。


「どうも自分は周りの人に理解されない」
と思い悩んでいる人はこのあたりに課題があることが多い。
言葉と外見(表情や身振り)は一致させることが大切なのだ。

では、どうすれば言葉と外見(表情や身振り)を一致させることができるのか?
・・・それは役者と同じ。
言葉と表現が一致していない役者は大根役者と呼ばれる。言葉だけが
上滑りする。
でも、優れた役者は言葉を発しなくても表情、身のこなしだけで観客に
メッセージを伝える。そのために映画俳優、舞台俳優は毎日台詞回しや
演技の練習をしているでしょ。
鏡の前で練習している。台詞回しを練習しているし、意識的に表情や
身振りを使う練習をしている。
これが言葉と外見(表情や身振り)は一致させる唯一の方法です。


そして優れたセールスマンやプレゼンターはお客さんに会う前に
台詞回しを練習したり、鏡の前で身振り手振りをチェックしている人が多いのです。
さて、あなたの言葉と外見は一致しているだろうか?

以上、原文のまま無断コピー致しました。

                 大きなお世話の asuka3h 拝

投稿: asuka3h | 2013年2月18日 (月) 17時32分

asuka3hさん

御意。

私は、演劇部時代から舞台に立つと見違えてましたよ~(笑)

投稿: ジャイ | 2013年2月18日 (月) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 首の診察 | トップページ | 業績好調のJT? »