« かなえたい夢 | トップページ | 今ガマン? »

こっちの都合

国際的な医療施設認証機関であるJCI(Joint Commission International)の認証を取得するために、うちの病院もその準備を行っています。

その項目の中に、誤認防止のために必ず各検査の際に患者(健診では受診者)さん自ら自分の名前と生年月日を云ってもらわなければならない、というものがあります。受診票を元に検査する側が名前を呼んだのでは本人確認が不十分で、取り違えが起きる危険性があるというわけです。セキュリティと危機管理と云う点で、それは十分わかるものの、健診の場合は20項目以上の検査があります。その各々で毎回名前と生年月日を云わせられたら、普通怒るでしょ!と懸念しておりましたが、やってみたら意外に皆さんきちんと答えてくれます。日本人はマジメだな、と痛感しました。

ただ、それでも「そんなかったるいことはしたくない」というヒトは必ず存在します。もしそれを否定された場合にどうするか?と云うマニュアルが回ってきました。そこにはあくまでも誤認防止であることを強調し、「病院の決まり」とか「病院の方針です」とかは絶対云ってはならない!と書いてありました。

「なんで?」とわたしは思います。「病院の方針です」で良いんじゃないの?と聞いたら、「それはこっちの都合でしょ!」と云うんです。「こっちの都合」で何か悪いの?「うちはそういう病院にすることにしました。それがイヤなら是非他の施設に行ってください」でイカンのかな?今まで土足で上がれたレストランがリニューアルオープンして土足厳禁にしたとき、「昔はこのまま上がれたじゃないか」と云って靴のまま上がろうとする客を「こっちの都合だから」と云って許しますかしら?どこか、『顧客満足』の考え方をはき違えているような気がするのですが・・・おかしいかしら?

|
|

« かなえたい夢 | トップページ | 今ガマン? »

心と体」カテゴリの記事

コメント

 何か違和感だらけですね(笑)。「こっちの都合」という言い分も「病院の方針」もいかん気がするのは私だけでしょうか?

 昔師事した、某太気拳のS先生は「キチンとしたところにマニュアルはない」と喝破されてました。
 今学んでいる太極拳の師も「あーきたらこうする」「こうきたらこーする」ではなく、「どうきてもこうする」こそが武術である、と仰ってます。
 つまり「想定外」の事態にどう対応するかが、人間力ということでしょうか。
 そりゃそうですよね(笑)。マニュアルにない規模の地震・津波が来て、メルトダウンしちゃうんですから。
「そのときどきで、直感でいいんじゃないすか?」
 こんなことを言ってるから看護狂員と喧嘩して退学の憂き目にあったんでしょうけど(笑)。


投稿: コン | 2013年3月16日 (土) 22時42分

コンさん

ご進言ありがとうございました。
そうもいかんのです。今はクレーマーだらけだから、要らんことを云うとそのままそれに責任をとらんといかん時代です。それは組織が大きければ大きいほど話が大きくなります。だからこれが「危機管理」ということになるのでしょうが・・・。ま、アウトローなわたしは、きっとわたしの思うがままに口にしますけどね(笑)

投稿: ジャイ | 2013年3月17日 (日) 17時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かなえたい夢 | トップページ | 今ガマン? »