« 陰性T波の注意点 | トップページ | 座らない »

尿酸の恩恵

血中に7.0mg/dlまでしか入らないはずの尿酸がそれ以上増えると血管壁から浸み出してきて、関節に溜まって痛風になったり動脈壁に溜まって動脈硬化を作ったり腎臓に溜まって腎臓結石を作ったりすることは「高尿酸血症」としてよく知られています。

一方、血中尿酸値2.0mg/dl以下の状態を「低尿酸血症」といいます。血中に尿酸が少ない理由は、もともと尿酸を産生する力がない場合と尿酸を通常以上に大量に腎臓から排泄する場合の2種類ですが、日本人の場合は後者が大部分です。これを「腎性低尿酸血症」と云い、その頻度は0.15~0.4%くらいです。腎性低尿酸血症は尿酸結石を作りやすいから水分をたくさん取りましょう・・・わたしはずっとそう説明してきました。ところが、低尿酸血症の弊害はもうひとつ、運動後に急性腎不全を起こしやすいというのがあります。この原因は、どうも尿酸には抗酸化作用(運動によって生じる活性酸素を除去する作用)があって、これによって酸化ストレスに対処しているらしいのですが、「激しい運動時に腎血流が低下し、大量の活性酸素は生じるものの、通常は尿酸によって迅速に処理されるのに対し、低尿酸血症では活性酸素が処理されず、腎血管れん縮を招き、持続性の腎血流低下から尿細管壊死にいたる」ということらしいです。激しい短時間の無酸素運動を避けること、脱水にならないようにすること、あるいは抗酸化作用のあるサプリやビタミンC/Eや薬を飲んで運動すること、などが成書には書かれていますが・・・。先日うちの泌尿器科部長に聞いたらその病気すら知りませんでした。

それにしても、痛風の犯人として悪者扱いされる尿酸にそんな大事な仕事があったなんて知りませんでした。ということは痛風持ちのひとの方が動脈硬化になりにくいってこと?あれれ?逆だぞ!

|
|

« 陰性T波の注意点 | トップページ | 座らない »

心と体」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。尿酸が低いで検索していましたらこちらにたどりつきました。昔から1以下で、毎回低いことには全然問題ないと言われるだけで低尿酸血症とも言われたことがなくスッキリしないです。腎性低尿酸血症なるものがあるようですが。
治療は特段ないようですが、きちんと病名があるならきちんと診断されたいのですが、専門にされているお医者さまがいるのでしょうか?お忙しいところ、大変申し訳ありませんがお返事いただけますと幸いです。

投稿: むぎ | 2016年6月19日 (日) 11時00分

むぎさん

こんにちは。コメント、ありがとうございます。低尿酸血症の原因は二つ、早々に血中から代謝されて排泄されるものと尿酸合成ができないものとがあって、日本人の場合は後者はまずいない。前者のデメリットの大部分は排泄過多による腎結石。おそらくむぎさんがご存知であろうこの程度の知識しかありません。病名は低尿酸血症と付けられるのですが、このブログで書かれているような弊害がなければ治療の対象になりませんから、泌尿器科だけでなく腎臓内科でもあまり問題視してくれないかもしれません。専門医は残念ながら存じませんが、行くなら腎臓内科だと思います。

投稿: ジャイ | 2016年6月19日 (日) 11時48分

おやすみのところコメントありがとうございます。内科、泌尿器科とどこでも低いことは全然問題ないと言うだけで「低尿酸血症」という病名すら言われたことがありません。大変失礼なことを伺いますが、先生はご専門なのでしょうか?
毎回、スッキリしないのでこの病名を理解されているお医者さまに受診したいのです。高知大は相談室のようなところでコメントしていますが、居住地からは遠いのです。田舎なので腎臓内科に受診しても同じことを言われるだけだと思います。県内に大学病院はありますが他の市なので、関東他なら行かれるのですが。

投稿: むぎ | 2016年6月19日 (日) 13時02分

むぎさん

おはようございます。残念ながら、私の元々の専門領域は循環器内科です。心配あるかどうかより診断名そのものが知りたいという趣旨を最初に伝えれば、医者はその要望に応えてくれると思いますよ。基本的に一般のクリニックよりは時間を要してでも腎臓内科のある病院でその旨伝えてはいかがですか? 

ご自分で検索しておわかりのように、最近は低尿酸血症のコトバをよく聞くようになってきました。むぎさんの居住地がどこだか存じませんが、大阪の済生会茨木病院や東京慈恵会医大や関西医大などが報告しているのであれば、それらの中で居住地に一番近い病院に行ってみるしかないように思います。

投稿: ジャイ | 2016年6月20日 (月) 06時28分

おはようございます。
何回もしつこく申し訳ありません。
ご専門は循環器なのですね。ご専門外なのに知識があり素晴らしい信頼できるお医者さまと想像しております。常にお勉強されているのですね。先生の患者さんが羨ましいです。私のまわりは病名すら知りません。問題ないとだけです。居住地に近いのは東京です。慈恵ですね。北里にいらした医師が開業されたのも目にしましたので調べてみます。適切なアドバイスいただき感謝申し上げます。余談ですが、弁膜症で血圧コントロールしております。近くなら先生に診ていただきたいです…。ありがとうございました。

投稿: むぎ | 2016年6月20日 (月) 09時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 陰性T波の注意点 | トップページ | 座らない »