« 心電図への期待 | トップページ | 尿酸の恩恵 »

陰性T波の注意点

心電図つながりで、ちょっとだけ細かいお話をいたします。ここで書くべきものではないだろうと思いますが、まあ、その気になったのでご容赦ください。

「陰性T波」が保健師さんたちにとっては難敵なんだそうです。あんなもの・・・主役にもなれないくせに・・・(笑)

T波は上向きが正常なのですから、平べったい(平低T波)とか下向き(陰性T波)とかは正常ではありません。下向きは心臓の筋肉の酸素不足を示しますから、一番多い原因は「心筋虚血(狭心症か心筋梗塞)」か「心筋肥大」です。そしてその深さは異常の程度を示します。はい、それだけです。どうですか、T波なんて単純ですね。ですから、陰性T波を見るときの注意点は、それが前回からどう変わってきたかということだけです。形も大事ですが、まあ大局的には大した問題ではありません。

●「急に」:昨年まで上向きだったのに今年は突然下向きになった~これは心臓に何か起きている証拠です。一度心エコー検査や運動負荷検査を受けることをお勧めします。急に陰性になったときはそれが虚血か肥大か区別がつきませんが、逆に一旦明らかに陰性になったものがまた正常に戻ったときは要注意です。この場合は多くが虚血性だからで、また再発する危険性があります。

●「徐々に」:陰性T波の深さの程度が軽くても、経年的な変化を眺めたときに徐々に陰性に変わってさらに深くなっていくなら、その大部分は心筋肥大です。この場合は、長い間心臓への負荷が続いたことを示しますから、その原因(高血圧や肥満など)の管理を速やかにかつ厳格にする必要があります。

T波の変化は、「急に」と「徐々に」のときに是非ご注意ください。

|
|

« 心電図への期待 | トップページ | 尿酸の恩恵 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

すごっ!!

このところ、ジャイ先生が、りっぱなお医者さんみたいな事ゆーとる。。。

なんか遠くに行ったような気がする。。。

近くで会った事ないけど。。。

今日は、春のお彼岸ですねー

このところ、いろんな事がありますが、ギリギリのところでセーフ!!…の方に転がしていただいております。

ご先祖の皆様が、総出でがんばって下さっている気がします。

がっ!!

もうちょっと余裕がある感じで、セーフゾーンにお招きいただきたいです。

毎回、腰が抜けてフルフルして心臓バクバクです。

ま、いっか!

では、ごきげんよう。

投稿: takako | 2013年3月20日 (水) 07時09分

takakoさん

おはようございます!

いろいろあったんですね。でもね、ギリギリの水際で頑張っているときっと良い方向に向かいますよ。人生、正負の法則、ですからね、と、我が大分トリニータにも捧げることば(笑)

今日は久々のゴルフの予定でしたが、根性なしのメンバーたちが「雨ですねー」と云い始めて、さっき中止か決まりました(泣) 今日は妻が休日当番で仕事なので墓参りにも行けません。だから日曜に墓参り済ませておいたのですが、まあこっちの都合ですからね。カラの墓に行ってもね。

投稿: ジャイ | 2013年3月20日 (水) 08時03分

北海道の田舎の名もない実もないもちろん花もない医師です。30才女性の前胸部痛を訴える初診患者で心電図でV2V3に陰性T波を認めました、肥大性心筋症は否定できます。
juvenile Tとしては年齢が行過ぎている、と愚考し、虚血も否定できないと思って、逸脱酵素とかCRPを検査に出しました。
何か参考にならないかとググっていたら先生のサイトに辿り着きました。
Juvenile Tって何歳まで、そう言えるのでしょうか、
ご教示頂けたら、望外の幸せです。

投稿: Ado | 2013年11月 4日 (月) 22時33分

Ado先生

コメントをありがとうございました。恥ずかしながら、エラそうに心電図を語りながらほとんど良く知らない似非循環器科医で、「若年性T波」など気にもしていませんでした。

臨床的に意味をなさないV2-3の陰性T波は年齢を問わず女性にはよく見られます。健診をしていると50歳前後でもありますがおそらく虚血の意義はないと思っています。「若年性」は若いヒトに多いという意味でしかないと思った方がいいのではないでしょうか。いずれにせよ、そのT波が一過性であれば虚血の意味は有りえますが、複数回記録しても変化がなければ相手の暦年齢がいくつであても「若年性T波」で片付けていいように思います。

不安なので、facebook仲間に問いかけてみます。もし違う知見が得られたらまたご報告しますね。

投稿: ジャイ | 2013年11月 5日 (火) 01時48分

ジャイ 先生、おはようございます。
早速のご指導ありがとう存じました。

投稿: Ado | 2013年11月 5日 (火) 08時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 心電図への期待 | トップページ | 尿酸の恩恵 »