« お酒と血糖 | トップページ | ハゲオヤジと心疾患 »

体質

先日、久しぶりに、ある男性受診者にお会いしました。数年前まで、わたしが産業医をしている企業で働いておられた方です。高度の高血圧症のため、胃内視鏡検査を実施してもいいかどうか判断するためにわたしのところに回されてきました。

当時から高度の高血圧症が続いており、毎回紹介状をもらっていましたが受診せず、もう少し生活習慣を見直してがんばる!と主張されていました。実は、昨年あたりから心電図に変化が見られ始めていたので注意を促していました。高血圧性の心電図変化だと思われ、だとすると心臓に高血圧の影響を直接及ぼし始めたことになりますので、早めに血圧を下げる必要があるのです。

「何が原因なんでしょうか?」と、彼はつぶやきました。現役中から体重を減らすことに留意して15kgくらい減量しましたし、減塩を中心とした食事に注意し、さらに毎朝の運動も欠かしていないのに・・・と。だからこれが「体質」。ここまでやって下がらないどころか心電図異常までもたらされ始めているとなると、今必要なことは修行僧の道をさらにストイックに徹底することではなく、早く薬剤を使ってでも心負荷を下げてあげることだとご説明しました。「今度こそは内科受診をします」と云われましたので、すかさず「第一、今の血圧なら運動禁忌ですから、『毎朝の運動』自体をやってはいけないことになりますよ」と追い打ちをかけてあげましたが・・・さて、本当に受診されるでしょうか。

|
|

« お酒と血糖 | トップページ | ハゲオヤジと心疾患 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お酒と血糖 | トップページ | ハゲオヤジと心疾患 »