« なんでもない日おめでとう | トップページ | 書くということ、覚えるということ »

兼八

「今日の兼八はえらい美味しい」・・・そう感じたのは久しぶりでした。

兼八はわたしの大好きな焼酎・・・大分県宇佐市で作られた、麦の香りと味がプンプン匂う麦焼酎です。でも、これがいつもおいしいかと云うとそうでもない。あれ?今回の兼八はちょっと水増ししてないか?と思うくらい味がしないときもあるし、あるいはムカムカするほど臭くて飲めたもんじゃないと思うこともあります。考えてみれば、最初に兼八に出会ったころは毎日美味しかった。お昼の仕事中に突然鼻の奥で麦の香りが甦ってきて、夜になるのが待ち遠しかったものです。でも今は、自分の体調が素直に味覚に表れます。体調が良いと、つい兼八の一升瓶に手が行きますが、そうでもないと見たくもない、と思う。見事に体調のバロメーターになっています。

こんな文章を書きかけて下書きのままでした。先週の土曜日にこれが届いたとき、思わず「美味しい!」と思ったのだけれど、風邪をこじらせてしまった今は、酒を飲む気にもなれません。わたしが酒を嫌がるなんて・・・重症です。

|

« なんでもない日おめでとう | トップページ | 書くということ、覚えるということ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なんでもない日おめでとう | トップページ | 書くということ、覚えるということ »