« カミングアウト | トップページ | 続・信号の哲学 »

なぜ生検した

「一か月前に他の病院で胃カメラをしたときには『異常なし』と云われたのに、今日の健診では生検された。一か月前に正常だったものが急に「びらん」を起こすなんてあるはずがない。ムダに生検したのではないのか?」・・・ある男性からそんな信じられないクレームが寄せられました。

その数日前には、「毎年健診を受けている。毎年同じ診断名で何もしてないのに、今日は生検された。なぜ? がんの可能性は何パーセントあると考えて生検したのか?検査過剰ではないか?」というクレームも。

こんな理不尽なクレームに対応した先生は本当に災難でした。「胃びらん」なんて瞬時に出来上がります。毎年同じ診断でも場所も程度も全然違います。早期胃がんはそんなびらんの中から生まれます。そんなことは当たり前ですし、「問題がありそうなら生検します」に同意してサインまでしたんでしょうに。健診の胃カメラのときの生検は本当に神経を使うだろうなと思います。検査する消化器科医の経験も影響を受けますが、外来で胃の調子が悪いヒトに検査をするのと違って、ムダにやって事故が起きるといけないし、かといってやらずにがんになったらそれこそ訴えられます。大変な仕事ですな。内視鏡医の先生方、毎日ご苦労様です。

|
|

« カミングアウト | トップページ | 続・信号の哲学 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カミングアウト | トップページ | 続・信号の哲学 »