« 意気 | トップページ | 心配ない? »

ちょこちょこっと?

「先生、校正をお願いしていた記事の修正が出来上がったのですが、ちょこちょこっと読んでみてくれませんか?」と、うちの若いスタッフが原稿を持ってきました。

「先生、お忙しいと思いますが、原稿の案を書いたので、これでいいか、ちょこちょこっと読んで確認してくれませんか?」と、別のスタッフが別の原稿を持ってきました。

でも、どちらも即座にお断りしました。

「ちょこちょこ」っと文章校正なんかできるもんか! 皆さんは、文章校正を頼まれた時に、ちょこちょこっとやるから全く校正ができてないのですよ。「先生が最終確認です」と回ってきた原稿を真っ赤っかに修正して差し戻したことは何度もあります。コーヒーでも飲みながら、足など組んで、内容が間違ってないか?書いてあることが理解できるか?読んでそんな感想を述べるのが校正であり文章チェックだと思っているからそんなことになるのですよ。「に」の方がいいか「へ」の方がいいか、あるいは「より」と「から」とどっちがここにそぐう助詞か、「だから」はどの単語の前に入れるのが一番分かりやすい構成になるか、日本語を考えるときにはそういうことに気を配らないとせっかくの文章が死んでしまって勿体ないのです。

Facebookやブログやメールの文章と、正式にパブリッシュされる文章とを同じ次元で考えていてはいけませんよ、皆さん。

|

« 意気 | トップページ | 心配ない? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 意気 | トップページ | 心配ない? »