« 説明会 | トップページ | 免罪符 »

どうでもいい

こまった、こまった。

何か、なにをするのも面倒です。どうでもいいやと思います。今、体調が悪いから、今やるべきいろいろを面倒くさいと思っているのはまあそれはしょうがないと思いますが、そうじゃないんです。

仕事も、家庭も、どうでもいいやって思うのです。「自分は何のために生きている?」とか「自分は職場や家族に本当に必要な存在なのか?」とかそういう悩みを抱えることは最近になっても周期的に良くあるのですが、そんなんじゃないのです。「せっかくの人生、そんなんじゃダメだよ!」「まだ若いんだから、なにかやりたいことをやってみたらいいんじゃない?」とか「そういわず、とりあえずがんばりましょうよ」とか周りが気を遣って叱咤激励してくれるのですが、何かやる気が生まれてきません。このままダラダラ惰性で生きていても別にいいかな、って。でも、何もしないでぼーっとしておくのも面倒くさいからとりあえず給料もらうために働いている、ってそんな感じなのです。

この話題を書こうと昨夜いろいろ考えてたのですが、忘れてしまった文章が思い浮かびません。ま、それもまたどうでもいいやと思う今日この頃です。文章書くのも、何か考えるのも面倒くさいんですよ~。こまった、こまった。

|

« 説明会 | トップページ | 免罪符 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

新年明けましておめでとうございます。
年末から昨日まで来客が多く、例年になく忙しい賑やかな年末年始を過ごしており、今日になってやっと先生のブログを見る事が出来ました。
「どうでもいい」なんだかわかるな…と思いながら読ませていただきました。年々良い意味でも悪い意味でも「いい(良い)加減」になっているような気がします。でも最近感じたのですが、「良い加減」思考はなかなか良いものです。仕事柄、こだわりが強いと生きにくいだろうなと感じる場面に多く直面します。
去年一年は自分の健康についての悩みが多かった気がします。「病気相談」にあったような手足の関節痛に悩まされ私もリウマチの検査をしました。血液検査の結果リウマチは陰性だったのですが手足の関節通は変わらず。親指は変形もして来たのでレントゲンを撮ったところ拇指CM関節症と診断されました。以前介護の仕事をしていたこともあり、職業病と加齢が原因とのこと。「加齢か…」なんだか複雑な気持ちになりました。
その後左の首から肩甲骨にかけてのコリと痛みが3カ月続いたため再度整形へ行きました。若い時から肩こり症ではあったけれど毎日続く様な事はなかったので。受診の結果「頚椎症」とのこと。原因はまたまた加齢による頚椎の変形によるもの。まだ40半ば、なんだか落ち込みました。本当に加齢だけが原因なのか、もしかしたら他に何か原因があるのではとあれこれ調べたりもしました。
それにしても身体は正直ですね、まだまだ若いつもりでいたのですが…
でも考えを少し変えていこうと思いました。先々を案じて悩んでばかりいたら今がもったいないなと。若い頃から心配性だったのでなかなかこの年で性格を変えるのは難しいけれど、今年は敢えて1日1日を精一杯過ごすことを短期的目標として、前向きな性格に少しでも修正して行きたいと思ってます。マイナス思考になってきたときには先生のブログにお邪魔しコメントさせていただきますね。
今年もよろしくお願いします。

投稿: あんこ | 2014年1月 3日 (金) 21時04分

あんこさん

あけましておめでとうございます。
病気はね、考えた者負けです。こういっちゃなんですが、診断名なんてどうでもいいですもんね。治ればいいだけ。「歳のせい」て云われるだけで治る人もいますけど(笑) 臓器の年齢は暦年齢ではありませんからお気を付けください(笑)

すみません、勝手にコメント編集しました。

投稿: ジャイ | 2014年1月 3日 (金) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 説明会 | トップページ | 免罪符 »