« 評価の違い(後) | トップページ | ノロウイルス »

コーヒーが記憶力を高める

コーヒーが記憶力を高める 認知症予防にも役立つ可能性

保健指導リソースガイドを経て、こんなニュース記事が出ていました。要するにカフェインの効能なのでしょう。パターンの微妙な違いを識別できる機能がある「海馬」の働きの改善を検討した研究として、コーヒーを飲む習慣のないひとにコーヒーを飲ませると、その識別機能が改善したというものです。

カフェインの持ついろいろな効能も、逆の効果も以前からたくさん発表されてきていますから、コーヒーは本当にポピュラーな飲み物として認知されているのでしょう。実はわたし、勧められて昨年の秋からダイエットコーヒーを飲んでいます。妻は止めましたが、わたしは飲み続けていますしそれなりに良いかなと思っています。

でもね、基本的にコーヒーを飲む習慣がありません。コーヒーや紅茶や緑茶は、「ちょっとお茶にしませんか」というわけで、「コーヒーブレイク」なわけで、ココロとカラダを休めるときに、癒しのために飲むものです。決して、これがカラダに良からとか、ボケ防止に良いからとか、ダイエットできるからとか、そんな目的で飲むべきものではありません。逆に云うと、そんな目的だけで飲みたいとも思うものではないので、「飲んだ方が健康に良いよ」と云われてもさほど食指が動かないんです、わたしは。

食べ物や飲み物というものはどれもそういうものだと思います。食べたいから食べるモノ。たまたまそれが健康に良いのであればラッキーだけれど、キライじゃないけど好きでもないものを無理矢理食わされてもあまり嬉しくはないですし、続ける気はあまりしません。わたしにとってのコーヒーは、そんな立ち位置にある食材です。

|
|

« 評価の違い(後) | トップページ | ノロウイルス »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 評価の違い(後) | トップページ | ノロウイルス »