« おこぼれの苛立ち | トップページ | あえてしない »

男性の発想

うちの施設では、健診受診者は皆受診着に着替えてもらいます。検査を円滑に進めるために、不要なものを身に付けてもらわず、すぐに脱げるようにです。一番の留意点は女性のブラで、着脱が簡単な上にレントゲンで映り込むようなもの(金具ホックやワイヤーなど)が入ってないものを身に着けてもらうことになります。

そのため、以前からスポーツブラを付けてもらっていました。この条件に合致する最適なグッズだと思われていたからです。でもこれはまさしく男性の発想。本当は、とっても不評でした。なにしろ若い運動選手が胸の揺れを最低限にさせるために身に付けるバンドですから、とにかくきつい。しかもご高齢になるとバストの位置が下方修正されるのが当たり前なのに、もちろんまったくそんなことなど加味されているはずもなく・・・はみ出てしまうご婦人も多数おられました。

保健師さんを中心に、女性スタッフが、少なくともこの忌々しき問題を解決することは非常に重要である!と声を上げて、使用するブラを見直し始めてから10年くらいになるのではないでしょうか。フロントホックでしかもレントゲンに映りこまない材質。しっかりと乳房をカバーできるもので決して下品にならないように・・・今、うちで使われているブラは何度か手直しした改良品です。これでもまだ十分ではありませんが、利用者の立場に立っていろいろ試行錯誤する雰囲気とそれを認めてもらえる環境にあることを自慢に思っています。

|
|

« おこぼれの苛立ち | トップページ | あえてしない »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おこぼれの苛立ち | トップページ | あえてしない »