« 連載開始の心得 | トップページ | あるから使う »

すい臓がん

わたしが担当する会員の方が膵臓がんになりました。ご本人から連絡があって初めて知りましたが、実は今年の人間ドックを受けたばかりだったのです。今回はめずらしくPET-CT検査もしましたが、がんを疑うような所見は何も見つかっていませんでした。「孫が生まれたから、孫のためにも長生きしたい。これからは生活を見直すし、タバコも止める」と嬉しそうに宣言して帰ったのがつい数か月前でした。

何となくお腹の調子が悪くてかかりつけを受診し、そのまま精査の目的で病院を紹介されてたまたま行った検査でがんがみつかったのだそうですが・・・。あわてて人間ドック時の検査結果を見直しましたが、やはりどの検査にも膵臓の異常を示唆する所見は見当たりませんでした。

「健診って、何なんだろうか?」と疑問を感じます・・・本人の上司からそんな電話をいただきました。当の本人もあるいは近しいご家族の方もそう感じていることでしょう。”膵臓がんはそういうものなんです”と分かっているわたしですら、強烈な無力感を感じずにはいられません。この方が、そしてそのかかりつけの医師が、「ちょっと調子悪いけど、こないだ人間ドックで詳しく調べたばかりだからもうしばらく様子をみよう」と思わなかったことが幸いでした。何とか治療ができる状態だったそうですから。

|
|

« 連載開始の心得 | トップページ | あるから使う »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 連載開始の心得 | トップページ | あるから使う »