« どうもないから | トップページ | おこぼれの苛立ち »

禁煙の検討

「1年禁煙していたけれどまた始めてしまった。禁煙の再トライをすることを検討している」という問診データを見たあとで、ある40歳代の男性と健診結果を交えながら話しました。奥さんも一緒です。

こういうヒト、よくいるんですけど、いったい何を検討するのだろう?と思いませんか。一度経験があるのだし、もう一度トライしてみたいと思っているわけでしょ。今からすぐすれば良いんじゃないん?『お手付き2回したら失格!』とかいうクイズかなんかじゃないんだからさ、とりあえず思い立ったときに再禁煙始めたらいいんじゃない? 今日始めて、翌朝に失敗したら、またやり直せばいい。禁煙は何度でもできるし、禁煙している間は禁煙中なんだから、何度もすればいい。禁煙なんて、もっと気軽にやればいいんじゃないのかしら。

「禁煙は禁煙でなければダメ。減煙は意味がない!」とかいうものだから、それを言い訳にして敷居を高くしているんでしょうけど、あれは最初から「本数減らしただけじゃダメですか?」というヒトへの意見であって、禁煙しようと考えているヒトには関係ありません。何度失敗しても、禁煙中は禁煙だから。禁煙中は減煙じゃないんだから。

ね。

|
|

« どうもないから | トップページ | おこぼれの苛立ち »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どうもないから | トップページ | おこぼれの苛立ち »