« PM2.5が心筋梗塞を起こす、ということは・・・。 | トップページ | ベジタリアン食 »

公平

「公平を期す」というのは云うは簡単ですが、これがなかなかむつかしいことだよな、と思います。

本日3月3日からある企画商品の新年度の健診受付を始めるのだそうですが、例年数日で予約がいっぱいになって終了してしまうらしく、3月1日や2日にフライングしてFAXを送ってくる団体が出る可能性がある。だから、「公平を期すために、1日と2日は事務所のFAX機能を完全に休止させます」というメールが先週届きました。

何かの応募をするときにもよくこの「公平を期す」ためのルールというのに翻弄されます。何が公平なんだろう?スタートが同じことを公平と考える一方で、ダイヤル式電話はプッシュホン式より遅いから不公平だとか、大口団体がまとめて何十人も予約してしまうのは不公平だとか、FAX機能がない団体はどうすのかとか、まあいろいろな苦情が出てきます。「先着順」は不公平だから応募者全員から無作為に抽選にすべきではないか?全体申込み数の比率から割り出した人数で団体割り当てをまずするのが公平というものではないか? さてさて「公平」を考え始めたらキリがありません。

まあ、基本的には役場や政府の機関の税金を使った企画商品なわけではないのだから、提供する側に自分たちのルールで「公平」を決める(今回の場合は、一斉に募集開始して先着順で定員に達し次第打ち切り)しかないのでしょうね。結局は大組織が得をするんでしょうけど、しょうがないのでしょう。

|

« PM2.5が心筋梗塞を起こす、ということは・・・。 | トップページ | ベジタリアン食 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PM2.5が心筋梗塞を起こす、ということは・・・。 | トップページ | ベジタリアン食 »