« ベジタリアン食 | トップページ | 節制自慢 »

不幸?

「ホントに大殺界だわ! 今年は3月までに身近で不幸が続くって云われてたんだけど、このことだったのかなあ」

急きょ駆け付けた義母の家から帰る車の中で、妻が運転しながら吐き捨てるようにそう云いました。先月20日に亡くなった我が家の老犬に続いて、昨夜義母の愛犬が亡くなりました。

基本的に、仏教の考え方の中では犬を人と同等に考えてはいけないことは承知の上で書いています(最近はお坊さんが念仏を上げてくれるペット霊園があると聞いて驚きました)が、さて、これを「不幸」と云うべきなのだろうか?我が家のビアディは16歳の誕生日直前でした。義母の愛犬パピヨンは17歳直前。イヌとしても見事な大往生だと思われます。大きな病気もなく直前まで元気に飛び回ってわたしたちに元気を与えてくれた彼女たちの最期はまさしく”フッと失速した飛行機”の様で、静かに消え入るように落ちていきました。

ヒトでもそうですが、こういう形の逝き方を「不幸」というのでしょうか。ピンピンコロリは死に方の理想。少なくとも、本人にとっては決して「不幸」ではないと思われます。残された者にとって、突然目の前の最愛の存在が消えてしまった寂しさはあるとしても、それは不幸ではない。幸せではないかもしれないけれど・・・いや、こういう形の別れ方は、実は一番幸せなのかもしれません。おめでとう、ありがとう、おつかれさま、さようなら。

そんな想いを抱きながら、合掌してきました。

|

« ベジタリアン食 | トップページ | 節制自慢 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベジタリアン食 | トップページ | 節制自慢 »