« 先約 | トップページ | できないだろうな »

肥った男は細菌持ち?

MTProからの配信(2014.3.14)から、

太った男性がモテない理由判明?鼻の細菌が鍵か』(ポーランド研究 Am J Hum Biol 2014.2.12オンライン版)という記事に目を留めました。最近、専門的な内容よりもこんな”ほんまでっか云々”的な話題に食いついてしまうわたしです。

ポーランドで193人の健康な男女(男90人、女103人、平均年齢22.8歳と21.4歳)の鼻腔・喉粘膜から細菌の有無をチェックした結果、男女ともに黄色ブドウ球菌などの細菌が多数検出されたわけですが、男性の場合は身長や年齢に関連はなかったが細菌(+)の人は細菌(-)の人より有意にBMIと体重が高値だったし、呼吸器感染を起こしたことのある男性は細菌(-)の人より有意にBMIが高かったそうです。つまり、太っている男性の方がカラダに細菌を飼っていて呼吸器感染にもなりやすいということです。この話題、何がポイントかというと、種の保存を第一優先にするのが女性の本質だから、配偶者選びの選択基準として太った男が除外されるのではないかとのこと。そして、最後のオチは、女性の場合は細菌(+)の人ほど”ナイスバディー”の魅力的なウエスト/ヒップ比の持ち主だということ・・・男は美女に気を付けろ!ということらしい。

むかしは、男女ともにふくよかなヒトがモテていたのだけれど、もしかしてこの細菌感染の傾向は最近の動向? 細菌自体も栄養十分な環境を求めて長い年月を生き抜いてきた結果なのかもしれません。

|
|

« 先約 | トップページ | できないだろうな »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 先約 | トップページ | できないだろうな »