« 続・お墓の雑草 | トップページ | ワイドショー(前) »

体重調整

「ジムでがんばってたけど数か月で一気に10kg減ってしまったから、体力が落ちるといかんなと思って、それからは体重をあまり減らさないように自分で調整した」

そういう云い方をされる方、割と多いですけど、”調整”って何をしたのでしょう?運動量を減らした?それとも食う量を増やした? なんか、「オレの意志でしてやった」的な表現ですけど、まあ簡単に云えば「ストイックな人生がちょっときつくなった」ということでしょう。きっとそのままストイックなやり方を続けていてもそれ以上は体重は減らなかったでしょうし、むしろ少し戻ると思います。それがたとえ無茶苦茶なダイエット(水しか飲まずに一日中ジムで走るとか)だったとしても、同じペースで続けることができるのならば体重はどこかで安定します。代謝機能は、カラダの力だけでもちゃんと微調整しますから、変な調整を意識しない方が身のためです。そのままガンガンがんばっていったら体重がなくなるはずはないのです。というか、がんばる生活に負けないようにカラダが飢餓にならない準備を始めているところに、突然肩透かしを食らわせるような”調整”をされてもカラダは付いていきません。もはやご主人を信用していませんから。「油断したら太っちゃったんだよね」ということを「自分で少し戻すように調整した」と云い張るのは勝手ですけど、自分のカラダに鼻で笑われませんように。

「いじり始めた体重が上がり下がりを繰り返したら、最終的に軽くても重くても、むしろ最初から体重が重いままよりも短命になる」というのは、もはや予防医学の世界では常識です。カラダをいじり始めた方は意地でもリバウンドさせないようにとことんがんばってください。

|

« 続・お墓の雑草 | トップページ | ワイドショー(前) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 続・お墓の雑草 | トップページ | ワイドショー(前) »