« 日本人の食事摂取基準2015 | トップページ | 覇気がない »

和食は昭和50年代

定期購読しているメルマガ「大人の健康生活ガイド」から、<和食の理想は1975年のメニュー 内臓脂肪をためずに老化を抑制>という話題が送られてきました。

理想食と云われる「伝統的な日本食」ですが、実はいつの時代のものをいうのかわたしもモヤモヤしていました。何事にも文化の和洋折衷が得意な日本国民は何でも取り込んで自分のオリジナルに仕立て直してしまう力がありますから。で、このたび、東北大学大学院農学研究科食品化学分野の都築毅准教授らがマウスで実証して、3月に開催された日本農芸化学会や日本薬学会で発表したのだそうです。<伝統的日本食は長寿に有効である~現在の日本食と過去の日本食の比較試験より~(東北大学プレリリース)>

それによると、1975(昭和50)年ごろの和食が、長寿や健康維持にもっとも効果的であるそうです。1960年のメニューは「炭水化物の割合が多く、おかずの種類・量が少ない」特徴があり、75年に比べると栄養バランスに劣り、1990年は「乳製品や肉類が豊富だが、食の欧米化の影響で脂質が増え、野菜類はもっとも少ない」傾向にあり、2005年は「炭水化物が少なく、肉類、油脂類が多く、魚介類が少ない。単身者が増え、おかずの少ない丼ものなどの単品メニューが目立ってきた」とのこと。1975年ころの和食は、「内臓脂肪が蓄積しにくく、脂肪肝の発症リスクも抑制されており、血中のコレステロールの値が低く、、肝臓での脂肪分解が活発に行われているのに加え、学習記憶能の維持にも有効で、がんの発生率も低かった」と至れり尽くせり。

昭和50年といえば、わたしは高校生。ガンガン欧米化してはいたもののスーパーは17時には閉まるしコンビニなんてわたしの田舎では影も形もない存在。やっぱり基本は日本食ですわねえ。とかいいながら高校時代に体重が15kgくらい増えましたから、どんな理想食でも食いすぎたら一緒ですね。

|
|

« 日本人の食事摂取基準2015 | トップページ | 覇気がない »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本人の食事摂取基準2015 | トップページ | 覇気がない »