« めんどうくさい | トップページ | コーヒーと糖尿病 »

うつ病と栄養

Care Netは今、うつ病の話題が旬なのでしょうか。

無糖コーヒーがうつ病リスク低下に寄与」(2014.5.8)
若年男性のうつ病予防、抗酸化物質が豊富な食事を取るべき」(2014.3.3)
1日1杯のワインがうつ病を予防」(2013.9.20)

いずれも前向き試験ではありませんから、積極的にワインや無糖コーヒーやあるいはナッツ・果物・ビタミンCなどを毎日取っているとうつ病が予防できる、という研究成果ではありません。うつ病の人とそうでない人の食習慣を比べたらこんなものに差があったというものですから、原因と結果の関係はどうなのかわかりません。なにしろ、セロトニンなどのホルモン分泌に効果的だとかどうだとかいう理論の前に、うつ病になるとそんなもの口にしたくなくなるだけなのかもしれませんし、自分はうつ傾向だから今のうちにコーヒーやワインを飲んでおこう、などということを考える余裕がある人は、たぶんうつ病にまではならないのではないか、という気がします。

それでも、身近な大事な人がうつ病であれば、これらの食材を意図的に食卓に載せてあげて、無意識のうちに口にさせるように仕向けておいて損はないようにも思います。

|
|

« めんどうくさい | トップページ | コーヒーと糖尿病 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« めんどうくさい | トップページ | コーヒーと糖尿病 »