« 同窓会 | トップページ | 悪あがき »

ふたたびエクソシスト様、見参!

「先生はそのカラダだけん、いっぱい食べるでしょう?」

人間ドックの結果説明をしていて、なかなか食べものがおいしくて減らせないと悩んでいる男性が、そう問いかけました。

でも、わたしは実はそれほどでもありません。もちろん食べようと思ったらどこまででも口に入れられますし、目の前にあればなくなるまで食べます。でも、これが歳というものでしょうか、おなかが減っていても何かを少しだけ口に入れるとすぐに満腹感がやってくるようになりました。たぶん、カラダはそこで満足しているのだとわかります。ただ、アタマが、というかアタマを支配するエクソシスト様の気が済まないわけです。「こんなにひもじい思いをさせておきながらもう食べないのか。もうちょっとたくさん食べる権利はあるはずなんだから、もっと食わんかーっ!」と。そして、エクソシスト様の口車に乗って食うだけ食って食いすぎて、後悔。

うんうん、そういうことは日常茶飯事ですけどね(笑)

|

« 同窓会 | トップページ | 悪あがき »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 同窓会 | トップページ | 悪あがき »