« 捨てること | トップページ | 何もしない、ということ »

わかっているさ、そんなこと

「ストレスがたまるんで、毎晩のように寝る前にスナック菓子とコーラを飲むんですけど、それ関係ありますか?」

躊躇しながらそう質問したのは、毎日規則正しい生活をし、朝昼晩の食事管理もできており、晩酌習慣はなく、睡眠時間も十分な引き締まった身体の三十代後半の男性。ほとんど申し分ない健診結果なのだけれど、なぜかしっかりした脂肪肝があり、頸動脈に軽い動脈硬化もみられる・・・「不思議ですね。どうしてこんなきちんとした生活してるのに脂肪肝が強いんですかね?」と素直に本人に問いかけてみたら、きっと問診の保健師にも云ってないであろうこんな答が返ってきたわけです。

その可能性はかなり高いでしょう。ココロが渇望しているけれどカラダは要らないからやむを得ず有事の際のために真面目に蓄えている状態。誰もが容易に想像できる病態です。「そうでしょうね」・・・本人もうすうす感づいていたことです。でも、ストレスが溜まって食べずにはおれないのです。寝る前のカフェインがアタマを覚醒させてしまって、良い睡眠を導けないこと。あるいは寝てすぐに分泌される成長ホルモンが細胞のキズを修復するのだけれど、就寝直前に血糖値を上げると成長ホルモンが出なくなることについても説明しました。「へーそうなんですか」と感心しきり。「やっぱり良くないんですね」と反省も。

でもね、反省してもきっとその習慣は変えられません。だって、わたしがそうなのだから。そんな理屈がわかったからどうだというの。「カラダに悪いことしている?はいはい、そうでしょうね。わかってるさ、そんなこと。でもこれがストレスの解消法なんだもの」・・・健康に良いとか悪いとか、病気の予防に何が必要だとか、そんな理屈がどれだけ並べられたところで、「自分は健康のために生きているわけじゃないし」という言い訳には勝てません。このヒトが原因不明の口内炎で悩んでいること、頑固な下痢が続くこと・・・その誘因になっている可能性はあるので、その憂鬱さを解消できる可能性があるならガマンしてみるという方が建設的かもしれません(そう話すのを忘れてしまったことに、今になって後悔しているわたし)。

|
|

« 捨てること | トップページ | 何もしない、ということ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 捨てること | トップページ | 何もしない、ということ »