« 節制なんかしない | トップページ | 送るコトバ »

不摂生の結果?

「若いころから不摂生ばかりしてきたからねえ」・・・あるパーソナルトレーナー付の生活改善プログラムのCMを見ていたら、そんな聞き飽きた台詞を云わされている若者が映っていました。乱れた生活を見直して運動や食生活を改善させたら、こんな見違える姿に変わりました♪、というとても分かりやすいストーリー展開のようです。

健診業務をしていると、医者も保健師も管理栄養士も運動指導士も、みんな口をそろえて同じことを云います。「今の乱れた生活がこの乱れた検査データの原因ですから、それを今こそ正しましょう!」と。でも、それは本当でしょうか?このCMを見ていて、急にそんな疑問が湧き出てしまいました。自分がぶくぶく太ってきた理由は?健診の検査データが乱れてきた理由は?そうそう、毎日ゴロゴロして食べてばかりいるからだ!毎晩夜更かしして生活リズムが壊れているからだ!・・・健康情報が溢れまくっている昨今、何かよりどころとなる理由付けをしたくて、妥当そうな名目を並べてみているだけ、ということはないのでしょうか。

みんながみんな、本当にそんなありふれた理由だけでおかしくなっているといえるのか。生活を改めたらちゃんと良くなるはずなのに、大して変わらないのは・・・やり方が甘いから、という理屈で間違いないのか? 隠れた病気のためにカラダの防衛反応でそうなっていることだってあるのではないのか? 各々に理由は千差万別であって、一律にストイックな生活スケジュール作りをしても頑張り損になる人の方が多いのではないか、という疑問。やっぱりわたしは究極の天邪鬼なのかもしれません。

|
|

« 節制なんかしない | トップページ | 送るコトバ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 節制なんかしない | トップページ | 送るコトバ »