« 誕生日 | トップページ | 痛み(中) »

痛み(前)

頑固な痛みに苦しめられているヒトはたくさんいます。足、膝、ふともも、腰、背中、肩、首、アタマ・・・健診受診者の方の中にも、あるいは友人・知人の中にも、いつも苦悶様の顔をしながら「どこか良い医者を知らないか?」とワラをもすがる表情で聞いてくるヒトがいます。もちろん、どうしてもと云われる方には、ワタシが信じる(わたしが困ったときに何とかしてくれる)ドクターや整骨院を紹介はしますが、行ってみたあとの感想は聞きません。その多くは、受診してもあまり大きな変化はなかったと感じているのではないかと推測されるからです。

彼らはおそらくもっと劇的な改善を期待して医療機関巡りをしている気がします。でも、内臓の病気よりも整形外科的な痛みの方が、長引けば長引くものほどゆっくりと快方に向かうものでしょうし、何よりも彼らが「患う前の元気なカラダ」を思い浮かべる限り、その日は遠い先になるかあるいはやってこない日になるかもしれません。

そして、彼らは根本的な治癒を念頭に置いていますので、きちんとした病名ときちんとした発症原因を理解したがります。そこが納得できないと、たとえある朝に突然症状が無くなったとしても、「それはたまたまだ」と思い、原因が分からないのだからまた突然再発するかもしれない、という呪縛から逃れることが出来ません。痛みをスッキリとるための方法として神経ブロックなどの方法もあるでしょうが、彼らの多くはそれを求めないでしょう。”痛みを抑える治療(対症療法)”は”痛みの原因を取り除く治療(根治療法)”ではないからです。 (つづく)

|
|

« 誕生日 | トップページ | 痛み(中) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 誕生日 | トップページ | 痛み(中) »