« 見るからに | トップページ | 本当に無意味なのか?(前) »

早寝

「わたしはね、夜の11時過ぎから毎晩欠かさずストレッチ体操をしているのよ。若さを保たんといかんからね」

独り暮らしの義母は今年83歳になります。「お義母さんはいつも何時ごろ寝るんですか?」と聞いたら、「12時!」ときっぱり答えてくれました。若いときから洋裁で身を立てて来た彼女は今でも現役で働いています。そんな義母は若いときから宵っ張りで、その娘である妻もまた宵っ張り。

「お義母さん、若さを保つんだったらストレッチも大事だけど、もうちょっと早く寝た方が良いですよ。体内時計に合わせて10時か11時ころまでに床に就くと、出るべきホルモンがきちんと出るんです。眠っている間、特に寝入ってすぐにだけ出てくるホルモンが細胞のキズを修復させてくれるんですよ」とアドバイスしたら、「そう?わかった。やってみます。わたしはお医者さんの云うことはきちんと守るのが自慢だけんね」と云って笑いました。

でも、そんな話をした帰りに思ったのですが、独り暮らしをしていると夜に床に就くタイミングってむずかしいのではないかしら。たまに妻の旅行などで独りで留守番をすることがありますが、そんなときはつい日頃よりも宵っ張りになります。誰もいない家の電灯を全部消して床に潜り込むタイミングがむずかしく、何か時間が勿体ない気がして、ふと気づくと夜中になっていたりします。早寝早起きするとカラダに良い事はわかっているのですが・・・。でも、お義母さん、睡眠中の成長ホルモンを引っ張り出すためにも、是非2時間早く床に就いてみてくださいませ。

|
|

« 見るからに | トップページ | 本当に無意味なのか?(前) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 見るからに | トップページ | 本当に無意味なのか?(前) »