« 女性の加齢変化(前) | トップページ | 恐るべし腸内細菌 »

女性の加齢変化(後)

(つづき)

そこに書かれていることは、あまりに陳腐で当たり前のことでした。特に、運動と食事と下着に注意を注いでいたわけですが・・・。
● 運動:美しい姿勢をとることを常に意識したりたくさん歩くことを心がけたりしている。日常生活の中での活動強度を自然に上げる工夫をしている。
●食事:暴飲暴食をせず、規則正しい食生活を心がけている。
●下着(さすがに下着メーカーらしい解析):正しいサイズのブラジャーやガードルを着用し、素材や設計特性も自分に合った者を選んで着用している。

加齢変化は、単に太るのではなく、形が変わる変化です。四肢の変化は少なく体幹部の変化が大きい。皮膚がたるみ、筋肉と脂肪(内部組織)の構成比が変化する。体幹部の変化のうち、バストが下がることとヒップが下がることは不可逆的な変化で如何ともしがたいところがあります。でも、くどいようですが、その中に人生を通して体型が変化しない人が4人に1人は居るのです。単に、日常生活を健康的に生き生きと暮らし、自然に(ムリせず)運動や食事や下着選びを工夫しているだけでそれを実現させている女性たち・・・方や、それをしなければ例外なく体型は崩れるという事実。それを考えると、女子中学生や女子高生に、偽りの体型管理のウソ情報がインプットされるより前に今回のような事実をきちんと教えられれば、若い彼女たちは必ず素直な心で云うことを聞いて習慣化させるはずです。結局、体型維持は生活習慣、それもストイックなモデルのような生き方ではなく、健康的な生き方でしかないのだと云うことを、人生のより早い時期にきちんと啓蒙啓発すること、これこそが下着メーカーの使命である!と痛感しました。

|
|

« 女性の加齢変化(前) | トップページ | 恐るべし腸内細菌 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 女性の加齢変化(前) | トップページ | 恐るべし腸内細菌 »