« リバウンドとの決別?(後) | トップページ | 呼応 »

できない人はできない

「○○先生は、いつも始業時間ギリギリにやってくるので、実際の開始が5分くらい遅れてしまいます。これは契約違反なのですから、改善するように厳しく云ってください」

ここまで直線的な表現ではありませんが、職場スタッフから、医局管理者であるわたしにこういうお叱りのメッセージをいただくことがあります。もちろん、組織の決まり事なのですから、ちゃんと本人には伝えます。

でも、正直云って、きっと大して変わらないだろうと思います。「時間を守る」という、ただそれだけの作業。いつもより5分早く家を出れば解決する作業。できないはずはない、とお思いかもしれませんが、だからこそなかなか変われないような気がします。別に、仕事ができるかどうかとか、アタマ良いかどうかとか、子どものころのしつけができているかどうかとか、何かそう云うのとはちょっと違う次元のお話で、遅れることがいけないことだと分かっているし、守らなくても辞めさせられたりしない、面倒くさいんだよ、と思っているのとは違うことで・・・。もちろん、わたしには全然理解できませんけどね・・・永年生きてきた経験値から想像するはなし・・・たぶん、できない人はがんばってもできないと思う(がんばれないのかもしれないけれど)。

|
|

« リバウンドとの決別?(後) | トップページ | 呼応 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リバウンドとの決別?(後) | トップページ | 呼応 »