« 適応力 | トップページ | 評論家 »

40歳では遅いのか!

40歳代の体力低下が20年後の脳の老化を加速 「若い頃から運動を」

今年のAHA(米国心臓学会)でボストン大学が報告した研究らしいです。1970年代にフラミンガム子孫研究に参加した1271人(平均年齢41歳)に20~30年後(平均年齢59歳)の1999年にMRI検査をしたところ、40歳代で受けた運動検査で体力がなかった者(運動時に心拍数や最低血圧がすぐに上昇した者)は有意に大脳萎縮が見られたのだそうです。低負荷のウォーキングで最低血圧が11mmHg上昇し、心拍数が10増えるごとに脳年齢は0.5歳上昇する計算になる、とのこと。

つまりは40歳のときに体力がなかったら脳の老化が加速してしまうから、20代、30代でしっかり体力を作っておかないと惚けるぞ!という警告。これは、使えるEBMかなという気がします。「60歳の時点で体力が低下していて、血圧値と脈拍数が上昇しやすい人は、さらに10年後に認知症を発症しやすい可能性があります。」と警告されていますから、結局一生動くことが大事だと、いうことですね。

|
|

« 適応力 | トップページ | 評論家 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 適応力 | トップページ | 評論家 »