« 母の死に目 | トップページ | 適応力 »

ドレッシング

妻がサラダを作ってくれました。「巷で人気のドレッシングを買ってきたのでかけてみた」と。日ごろわたしがサラダに何もかけないので、気を遣って云ってくれたのかしら。美味しいのかもしれないけれど、正直に云えばわたしには味が濃いかった。せっかくの野菜の味を覆い隠している感じがしました。

キャベツやキュウリなどは味がないか薄いから、ドレッシングで引き立たせると野菜の味も引き立つ、とかいう専門家のコメントをテレビなどで云っているときは聞き流しています。キャベツはね、ずっと噛んでいるととても甘い味が滲み出てくるのに、もったいないな。

十代の女の子に化粧をして、「どう、キレイ?」と云っているのに似ているな、と思いました。キチンと化粧して唇に紅を引いてもらった姿。「キレイ」なのかもしれないけれど、何もつけない素肌の方がはるかに魅力的だとわたしは思う。田舎モンの原石が磨かれて大女優に化ける姿もあるけれど、若くて瑞々しい肌をどうして覆い隠すの? 本当にその装いはあなたの魅力を引き出してくれていると云えるの?と思うてしまう、おじさんです。

|
|

« 母の死に目 | トップページ | 適応力 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 母の死に目 | トップページ | 適応力 »