« 今はムリ、ですか | トップページ | ニューデシン »

「何時間寝ていますか?」

翌日が休みなら、医師もやっぱり寝だめする

いつもはサラッと素通りする記事ですが、何となく目を留めてしまいました。医師3259人に聞く「何時間寝ていますか?」・・・ふーん、平日の睡眠不足を補うために土日に長く寝る「寝だめ」は医者でもやっぱり行われているのですね。「寝だめ」は疲れを回復させず睡眠リズムを乱して結局体内時計を狂わすから勧められない、というのが常識になってきたけれど、わかっていても「朝早く起きなくて良いならもうちょっと寝させて」というのが実情なのですね。

平日はいやいやの早起きだけど、休みの日はやりたいことだらけだから返ってそれ以上の早起き習慣になってしまって10年以上経つわたしにはちょっと理解できません(笑) この結果は分からないわけではないのですが、睡眠の意義の大元は、起床時間ではなくて就寝時間であるはずです。「ゆっくり寝たいと思うからウイークエンドは早めに夕食摂ってさっさと床に就く」というヒトはどうなのだろう?多いのだろうか?という疑念があります。翌朝に早起きしなくていいからこそいつもより遅くまで起きているとか、いつもより多めに酒を飲むとか、そういうヒトが多いのではないかしら?それが遅起きの原因であり睡眠リズムを壊す元凶であるわけですから、睡眠時間の統計よりも就寝時刻の統計結果が知りたかったところです。

|
|

« 今はムリ、ですか | トップページ | ニューデシン »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今はムリ、ですか | トップページ | ニューデシン »