« 人事異動 | トップページ | 検査は売り物?(前) »

身体活動

「こんなに毎日一時間以上も歩いているのに、どうしてやせないの?」と、世の人間ドック受診者のオバちゃんの定番のグチと同じことを口にするのは、わたしと一緒に毎日ワンの散歩をしているわたしの妻。「そりゃあんた、単に食い過ぎているか、あるいは毎日の夜ふかし生活のせいよ」と即答すると必ず不満顏になります。

どうせボクのいうことなんか聞く耳持たない(友人のYさんは早寝早起きだけどやせていないし、食べる量も自分は彼女より少ない、とか云って)妻とのそんな会話を思い出しながら、日課の週末の自宅の掃除をせっせとやっていたときに、ピンときました。彼女の日頃の身体活動は明らかに少ないわ。週に数時間の仕事のときとワンの散歩のとき以外は、座ってスマホをいじっています。毎日とは云わないけれど、週に二、三回掃除をするだけでもやせるんじゃないかしらね。「あなたはADHDだから、単なる動きすぎ。わたしはそれなりに動いているわよ。第一、Yさんも掃除好きで頻回に部屋の掃除とかしてるけど太っているじゃない!」と反論するので本人には云ってませんし、どうでもいいことではありますけれど、どんなにやせるために夕食を納豆だけにして涙ぐましい努力をしたとしても、今の生活では怒涛の女性ホルモンの変化には勝てないだろうと思います。『妙齢』というのはそういうことですもんね。

『人間には運動欲という欲はない』〜動かなくていいなら絶対に動かない〜だから、『運動』ではなくて日々の『身体活動』の量はバカになりません。家事が多い主婦ほどいちいち散歩の時間なんか作らなくても十分エネルギーを使っているのだと思いますが、毎日のことだからこそできるだけ楽にこなせる方法を考案するわけでしょうか。

|
|

« 人事異動 | トップページ | 検査は売り物?(前) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人事異動 | トップページ | 検査は売り物?(前) »