« 基準値騒動セカンドステージ | トップページ | 白米のメタ解析 »

旅の食事

相変わらず、独り旅をするときの食事はリッチではありません。

朝食はほとんど取らないか、せいぜい前夜にコンビニで買っておいたおにぎりを食べるかレベル。一時期、せっかくパック旅行で贅沢な朝食券が付いているから朝の時間をゆったりとくつろぐのも良いかな、と思ったこともありました。でも、結局朝のバイキングを食べるために指定されたレストランに降りていくとたくさんの人が並んで雑然としていて、朝から気が急いてドキドキしますから、よほど昼間の行程に余裕がない限り同行者がなければ出て行きません。

学会旅行なら昼はランチョンセミナー、遊びの旅行ならほどほどのところでコンビニ弁当。この習慣もあまり変わりません。友人に教えてもらったラーメン屋さんや定食屋さんに行ってみることもあるのですがお薦めのお店は基本的に人気店ですから、よほど時間がズレない限り待ち人だらけ。『待ってまで食わんでも良いわ』・・・わたしのココロはすぐにイジケます。

それでも、最近、夜の食事が変わってきました。わざわざ食事の有名どころを検索して調べておくことはしませんし、たまに駅ビル内のレストランに入る場合もありますが、一人ならば基本的にホテルの部屋食い。「なんや、何も変わってないやないか!」と云うお方もござりましょうが、いえいえ、まったく違います。以前はホテル近くのコンビニ弁当ばかりでしたが、最近は近くのデパ地下に参りまして、出来立ての選り取り見取りのお弁当や量り売りの惣菜などを買い回って帰りますの(笑) グルメの方やご当地料理がお目当の旅行好きの方には『言語道断』『五十歩百歩』なのかもしれませんが、わたしにとってはとてつもない変化でございます。

|
|

« 基準値騒動セカンドステージ | トップページ | 白米のメタ解析 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 え~、行列の出来るところがホントに美味いところ…とは限りません。ありゃ、単に食べログやマスコミ、人の噂に流されてるだけです。
 福島県民からすれば適当なこと描いて騒ぎになった某有名グルメ漫画から引用させていただきますが、
「美味いか、不味いか、自分の下で判断するんだ!」
 セレブしか食べられないような料理ばかりが登場するストーリーはともかくとして、このセリフは真実です(笑)。
 今、仕事で食品館警備をしてますが、ホントに美味いもんは、デパ地下や名もない屋台にあったりします(マジで)。

 ちなみに生涯(今のところ)一番美味しかったのは、赤峰さんが作って下さった「トマトと胡瓜のぶつ切り(塩をまぶしただけ)」です。


投稿: コン | 2015年11月17日 (火) 00時18分

コンさん

味覚は人それぞれ。友人の一人が「おいしい店を教えてくれ、と言われても絶対教えない。紹介したのに『大したことなかった』とか言われるから」と言ってました。他の友人が薦めてくれるお店は本などにあまり載っていない隠れた店が多いです。「自分が食ってみて好きだったから、あとは好みだね」と一言。ありふれた店ですがどこも意外と美味しいです。並ぶことのない某ラーメン屋にはわざわざ足を運ぶことの多い私です。

投稿: ジャイ | 2015年11月17日 (火) 06時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 基準値騒動セカンドステージ | トップページ | 白米のメタ解析 »