« とりあえず休みます。 | トップページ | 治療すべきか »

気づかないフリ

わたしのエントリーしている生活習慣病改善プログラムは粛々と進んでおりますが、2回だけ、一晩で体重が1キロ増えたことがありました。1回目はゴルフ仲間との忘年会の翌日、2回目は家で友人たちとクリスマスパーティをした翌日。そしてその体重が増えた日は朝から異常なくらいの頻尿で10分もしないうちに行きたくなり、仕事にならないくらい小便をしました。その結果、その翌日にはいとも簡単に1キロ減って元に戻りました。

要するに、『酒飲んで1リットルむくんだカラダが1リットル利尿されて一気に出て行った』ということか・・・なるほどなるほど、たとえ宴会やパーティで羽目を外しても日ごろきちんとしてればカラダは簡単に戻すのだから大丈夫!ということだね。と、書いてみたけれど、実はそうではない。単純な真実である・・・酒飲んだらすぐにむくんで翌日にオシッコでまとめて吐き出す、というのはつまり『酒がカラダに合わなくなった』ということではないのかしら。いかん、いかん。それは真実かもしれないけれど、決して気づいてはいけない真理。とにかく気づかないフリをしよう。だって、まだ忘年会と新年会が1回ずつ残っているのだ・・・と独り言(笑)

ちなみに、こんな記事を見つけ出しました。『朗報!実は「男の脂肪」は簡単に落ちる』・・・『なぜ一流の男の腹は出ていないのか?』(小林一行)という本のレビュー記事です。「食べ過ぎた翌日に1食抜いて『1日で帳尻する』行為は、飢餓から身を守る本能にスイッチが入って体が余計な脂肪を蓄え、かえって食欲も増大させる危険性がある」というのはダイエットの常識です。皮下脂肪の多い女性と違って男性は内臓脂肪が多いので有酸素運動よりも負荷の軽い筋トレを毎日続けることが有効だ、という著者の意見、意外ではありましたが、奇しくも今回それを実行しているわたしは実感として理解できる気がしています。でっぷりお腹で悩んでいる男性諸氏は一読して実行してみてはいかがでしょうか。

|
|

« とりあえず休みます。 | トップページ | 治療すべきか »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« とりあえず休みます。 | トップページ | 治療すべきか »