« モチベーションの作り方 | トップページ | 臓器は一緒に衰える »

ほめられた

「あなた、やせたよね」・・・昨夜、妻が突然、しみじみとそんなことを云いました。
「だろー! ボクもここ数日で一気にやせれきたなあって思うのよ。で、嬉しさを押し殺しながら体重計に載ってみたんだけど、100グラムも減ってなくて、凹んじゃったよ」
「それは、筋肉が増えたからじゃないの。今年は家でもよく筋トレ頑張ってるでしょ。筋肉で引き締まったんだと思うよ」

どうした? 何があった? そこまでおだてて何が欲しいの?(笑)「ありがとう、そうね。そのうち体重も減り出すかもね」と答えたものの、この歳になってあの程度の筋トレ(昨年しぼんでしまったダイエットの反省から、今年は健康運動指導士さんの作った体幹トレーニングメニューを週に2回だけ家でこなしています)で、体重に影響を与えるほど筋肉が付いてくるとは思えません。ご主人様の突然のご乱心で何度も10キロ単位の体重減少の屈辱を味わってきたわたしのカラダは、そう簡単に体重に反映させたりしないはず。そんなことはよくわかっていますが、それでも体感と現実にギャップがあって、期待したほどの効果が出てこないと、ココロは明らかにめげます。「今回は体重減少は目標じゃないから」と云いながらも、そんなわたしでも今回はちとココロが折れ気味です。

そんなときだから、妻からのこんなほめられ方は、思った以上に自分のココロにもカラダにも心地良く響いてくれました。「そんなことねえよ」とはにかみながらも「そう?ありがとう」と口にして答えると、効果はさらに上がる気がしました。わたしも人間ドック受診者のみなさんを気持ちよくその気にさせる『ほめ上手』になれるようにがんばりたいと思います。

|
|

« モチベーションの作り方 | トップページ | 臓器は一緒に衰える »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モチベーションの作り方 | トップページ | 臓器は一緒に衰える »