« 自信喪失? | トップページ | ほめられた »

モチベーションの作り方

「ちょっとやせたいな、とは思っているのですけどね」とその若い受診者の男性は云いました。微妙に基準から外れた数値があちこち目立ち始めてきた人間ドックの結果を説明していたときでした。ドックの結果を改善させるために、あるいは生活習慣病を予防するために、という大義名分で生活を見直すにはちょっと若すぎるし異常が軽すぎるのでモチベーションが上がらないだろうなと感じていたので、その気持ちは大事にして欲しいと思いました。「出てきた腹を引っ込めてモテたい」とか「あと2号小さなスカートがはける身体に戻りたい」とか、そういう動機の方がやる気スイッチが入りやすいし、「病気になりたくないから」みたいな後ろ向きの動機でないことも重要です。

ただ、人間、すぐあきらめるんですよね。ちょっと頑張ってみたけど、想像していたほど簡単ではなかったとなると、「やっぱり、この歳になるとしょうがないよね」「やっぱり夢は夢。もっと現実を見ないとね」とか云って、自分を納得させようとするようになります。あきらめてしまったイジケたココロを説き伏せるのはなかなか難儀。「どうせ」「いろいろやったけどダメだもん」となって、おそらくホントに治療としてのダイエットを必要とするような病態にならないと難しい(そんな状態になっても動かないかもしれない)。

あるいは、やり始めたら妙にうまくいった。周りも「さすが」「すごいね」ともてはやしてくれるし、「やればできるじゃない、わたし」とか自褒めしてみるのだけれど、恒常性を発揮し始めたカラダは容赦なくリバウンド攻勢をかけ始めて、結局負けてしまう。「わたしはちゃんとやせられたのよ」という言い訳から始まって、「結局こうなるのよ」「やってもムダよね」となるまで、そう時間はかかりません。

おそろしや、おそろしや。こんなときにすぐに発揮できて一生効果のある呪文かなんかを、だれかこっそり教えてくださいませませ。

|
|

« 自信喪失? | トップページ | ほめられた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自信喪失? | トップページ | ほめられた »