« 努力の成果 | トップページ | 追悼の日 »

盗人(前)

ちなみにわたし、小学校低学年のころにお金を盗んだことがあります。学校の教師をしていた父が生徒から集めた給食費の入った袋をときどき家に持って帰って決まった期日まで保管していたのです(そういう時代でした)。一万円札を抜き取ったこともあったと思います。「子どもがどうしてそんな大金を持ってるの?」と駄菓子屋のおばさんに云われて逃げて帰ったこと。お釣りの大量の千円札を持って帰るとバレるので近くの神社のお堂の鴨居のところに隠しておいたら誰かに取られてなくなってしまったこと。漠然とした記憶の中でそんなことを覚えています。

同居していたばあちゃんの枕元に隠してあったガマグチからばあちゃんがトイレに立った隙に何千円かを盗んだこともあります。そんな盗人だったわたしを更生させるために施設に入れるべきかと深夜に両親が相談していたのも知っています。わたしは、本当に悪い子でした。

いや、なぜ急に今になって半世紀近くも前のこんなことを思い出してカミングアウトしているのかというと、広島の中学生の自殺事件のことを考えていたからです。

                         (つづく)

|
|

« 努力の成果 | トップページ | 追悼の日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。

このタイトルにはびっくり。
子供だからいいというわけではない。
ただ昔そうなる環境があったのかなと本人ばかりが悪いわけではないと思います。

偉そうにすみません。
昔集めたお金が合わず友人が犯人扱いされかわいそうな事件があった事を思い出しました。
結局のところ迷宮いり
学校卒業するまで、やな思いしたでしょう。

すみません
私も昔のことを思いだしました。


投稿: ゴマ子 | 2016年3月13日 (日) 21時16分

ゴマ子さん

おはようございます。ホワイトデーの朝です(笑)

世間のみんなが忘れていても、当事者だけは必ず覚えていることがあります。一生背負わされる重いキズ。

コメントありがとうございました。

投稿: ジャイ | 2016年3月14日 (月) 06時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 努力の成果 | トップページ | 追悼の日 »