« なんか知らんが大変だ。 | トップページ | トマト »

どうして、今頃?

特定健診の基準を見直し 「腹囲が基準未満」でも心血管疾患リスクが2倍に

厚生労働省研究班の発表によると、「メタボリックシンドロームに着目した特定健診で腹囲が基準(男性85cm、女性90cm)に満たなくても、高血糖や高血圧、脂質異常などの危険因子が1つでもあると、脳卒中や心筋梗塞の発症リスクが約2倍になる」という。

こんな当たり前のことを今更になって発表してアタフタしていること自体が理解できません。「内臓脂肪蓄積型の生活習慣病(メタボリックシンドローム)では、積極的に内臓脂肪を減らす努力をしていけば病気そのものが改善する可能性がある。内臓脂肪蓄積が目立たない生活習慣病はより重症な病態だから、生活療法も重要だけどいつまでも生活療法にしがみつかずに早々に薬剤管理を受けた方が良策だ」という切り分けでメタボ健診が始まったんじゃないのですか。少なくともわたしは、従事するスタッフにも受診者や住民の方にもそういう風に説明してきました。

メタボ健診でひっかかる人は総じて軽症、引っかからない人の中に重症の人が隠れているというのと、明らかに内臓脂肪が蓄積しているのに腹回り基準では引っかからないいわゆる”捨てられる人”がいる、というのとは別物ですから、混同してはなりません。

|
|

« なんか知らんが大変だ。 | トップページ | トマト »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なんか知らんが大変だ。 | トップページ | トマト »