« クレームは云ったもの勝ちなのだけれど(前) | トップページ | 若年者の禁煙治療指針 »

クレームは云ったもの勝ちなのだけれど(後)

(つづき)

ところがどうも最近ちと傾向が違う。愚行の証拠写真や動画をわざわざ自分で撮影して投稿する時代。見てもらえれば有名になるだけでなくて金になるかららしい。何か、人間が人間たる所以である唯一の拠り所の『理性』と、欲望の抑制のために神様が創り給うた『羞恥』が、若い人から順に、熱転写式プリンタで印刷した文字のようにどんどん消えて行きます。そんな光景をただただ眺めているしか術がないのだろうか。これからこの世はどうなっていくのかしら? テロも日に日に無作為になるし、テロ行為に正義を主張し始めて来ているし・・・。

消えて行くといえば、高齢者の脳細胞もどんどん消えて行きます。わたしもあまり他人事ではない年頃になって来ました。最近妙に交通事故が多いですが、これが必ずしも認知機能低下の高齢者だけではなく、無謀な若者でもなく、生活習慣病の太っちょお兄さんとも限らない・・・何が起きているのでしょう。あまり考えない方がいいのでしょうか。まあ、どれだけ静かに注意深く運転していても、突然相手がこっちに向かって飛びかかって来ますから、これはもう、運命として受け入れるしかないのでしょう。神様の間引き対象として選んでいただいたことを名誉なこととすべきなのかもしれません。あー寂しい。

|
|

« クレームは云ったもの勝ちなのだけれど(前) | トップページ | 若年者の禁煙治療指針 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クレームは云ったもの勝ちなのだけれど(前) | トップページ | 若年者の禁煙治療指針 »